商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影で使うマクロレンズの基本その2:最短焦点距離について

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影とマクロレンズの基本:焦点距離
昨日に引き続き、商品撮影で使うマクロレンズの基本その2と題して「焦点距離」についてまとめておきたいと思います。
まず本題に入る前にマクロレンズについてこんな会話を聞いたことはないでしょうか?

「このレンズは、すごい被写体に近づける(寄れる)!」

こう聞くと、レンズ先端のガラス面と被写体との距離を、もの凄く近付けることができるように感じますが、撮影に最も被写体に近づける距離、すなわち「最短焦点距離」は、レンズ先端からではなく、「カメラボディに記されているあるマークからの距離」から近づけた数値(距離)となります。
下の画像にてそのマーク(撮像素子の位置を表す)の箇所をご覧下さい。

撮像素子マークと焦点距離
各カメラごとに撮像素子マークの位置は異なりますが、一般的なデジタル一眼レフカメラであればカメラ天面などを探せば見つかります。
この撮像素子マークを基準とした場合、マクロレンズと望遠レンズの「最短焦点距離」はどれくらい違うのでしょうか?
ワクワクしますよね♪、マクロレンズだから相当近いのでしょう!!

では比較として、Nikonの標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の最短焦点距離は「0.38m」、対して同じメーカーの非常に高価なマイクロレンズ「Ai AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED」の最短焦点距離は「0.5m(等倍)」です。

あれ?んん!?・・マクロレンズなのにズームレンズより焦点距離が遠い???

はい、ここで昨日ご紹介した「商品撮影で使うマクロレンズの基本その1」で紹介した「撮影倍率」と深く関わってきます。
昨日書きました「マクロレンズは被写体を大きく写すことができるレンズ」ですので、最短焦点距離が長くても、撮影倍率は1倍ですので、狙った被写体を大きく写すことができる訳です。

例えば、自社で商品撮影を行なっている場合、カメラを三脚に置いて、被写体からの距離が50cmくらいで撮影しているなら「撮影倍率」から計算すれば、今使っている望遠レンズと同じ距離からマクロレンズに変えて撮影した場合、どれだけ大きく商品を撮れるようになるかを判断できるようになります。
決してマクロレンズを使うから被写体にレンズを近づけてもピントが合うと誤解しないようにしたいものです。

正しいレンズの特性を知ることで、それぞれの商品撮影シーンに合った最適なレンズを見つけることができますので、「良いレンズ、悪いレンズ」とレンズのメカニカルな他人の評価ばかりを気にせずにシーンに合ったレンズを探すように心掛けましょう!

撮影目的とレンズがキチンと一致して適正に撮影できれば、素人さんでは区別ができないほどの性能を持ったレンズを主要カメラ(レンズ)メーカーは販売しています。
というか、私も写真だけ見て、このレンズがどこのメーカーのどのレンズを使ったなんて判断はできません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション