商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. デジタル一眼レフカメラを買わなかった理由

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
デジタル一眼レフカメラを諦める
GW期間中に、久しぶりに長年お世話になっている雑貨屋さんの小物撮影に行ってきました。
久しぶりに・・ということで、普段の商品撮影はスタッフさんが頑張っていらっしゃいます。
私が出動するのは、冊子の表紙カットと店舗内写真の撮影でしたが、準備をしていると、お客さんが一言・・

「カメラ買いたいけど、キチンとした写真はデジタル一眼レフっじゃなきゃだめなの?」

当然カメラ好きなら、あれこれ一眼レフの楽しさをしゃべり出すのですが、最近、私自身少し事件がありまして・・(笑)
というのも手軽に撮れるカメラとして「PanasonicのLX100」というコンパクトデジカメを買いまして、最近のコンデジの高性能にはまっているのです。
正直、業務として写真撮影を行なうのであれば、デジタル一眼レフは必須ですが、ここの雑貨屋さんのように、普段はスタッフさんが撮影して、ネット通販用の物撮りやブログなどで公開する程度であれば、デジタル一眼レフはフットワークが効かない。
ですが、コンデジの場合はフットワークはもちろん、実際にLX100の(コンデジ)を使ってみた感想として「楽しい写真が簡単に撮れる」これはカメラに詳しくない人にとっては、ストレスフリーになる!電源ONでパシャ!「素敵写真の出来上がり」なんて現象になります。

最近では常にLX100を持ち歩くようになったので、スタッフさんにLX100をお貸しして遊んでもらいました。
結果は当然、デジタル一眼レフカメラを購入する気配は無くなってしまいました(笑)

実際に遊んでもらったコンデジはこれです↓
LUMIX LX100

こんなボケ味のある写真も何も考えなくても撮れます。
LX100モノクロ
雑貨屋さんの店内ということもあり、背景に配置する小物も充実しているのでパシャパシャとスナップを撮っていたようで、その中から数点冊子に使う写真をピックアップすることになりました。

一眼レフカメラもコンパクトデジカメも写真を撮る機能は変わりません。
高解像度の写真を追い求めることも写真の楽しさですが、「感じたまま楽しく撮る」ことも写真の重要な要素です。

ってことでLUMIX仲間が増えてしまった出張撮影でした(笑)
楽しい写真期待しています!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション