商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. JPEG画像の劣化で商品撮影が台無しに

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品画像の劣化の原因
ネット向けの商品撮影を依頼した場合、スタジオから納品される画像形式には「JPEG画像」がスタンダートとなっていますが、そもそもサイト制作に使われている画像形式はJPEGだけではなく、PNGやGIFも含まれます。
単純にサイト制作の観点から画像形式の扱いはこんな区別をしています。
・JPEG画像:写真
・PNG画像:イラストや納品先で劣化する恐れがある写真
・GIF画像:Webセーフカラーで構成したイラストや画像(色合いを重視しない写真)

ざっとこんな感じで区別していますが、ここまで見ると劣化しない写真ならPNG画像がいいのでは?と感じるかもしれませんが、PNG画像は古いパソコンなどでは表示されない場合もあるので、一般的に写真はJPEG形式で保存納品されることが主流となっています。

そして今回のお題の「JPEG画像の劣化」についてですが、たまに納品先のショップで加工を繰り返したことにより画像が粗くなってしまっているケースを見ることがあります。
では、なぜこのように写真が粗くなっていくのでしょうか?
フォトショップを使った編集する際に気を付けたいJPEG画像の保存方法について説明していきます。

まず、最初にサイト用の商品画像を作るときは当然「元画像(写真)」から制作すると思いますが、仕上がった商品画像(バナー素材など)を編集ができる形式で保存(PSDなど)しておいて、後日編集用のレイヤー上にある画像から再び違う画像素材を制作する・・・
ややこしくなりましたが、つまり、「1度JPEG画像として編集保存した写真を再び使い回す」これも劣化の原因です。

JPEG画像は編集保存を繰り返すと劣化の保存は避けられません。
元画像からの1度くらいの編集保存であれば神経質になることはありませんが、「何度も繰り返す」と確実に品質は低下します。

具体的な例としてフォトショップでJPEG画像を「低(高圧縮)」で保存を繰り返してどれだけ劣化するか見ていきましょう。
※サンプルとして今回はJPEGオプションで次のように保存します。

JPEGオプションの選択方法
ファイル容量を軽くしたいなどの理由で画像オプションが上図のようになっている場合はご注意下さい。
では、「低(高圧縮)」にしたまま5回保存を繰り返した際の写真画像の比較をしてみます。

JPEG画像の劣化の様子
左が元画像、右が保存を繰り返した画像です。
顔や肌の質感やアクセサリーの色合いのくすみなど、様々な箇所で劣化が生じています。
これでは最初に納品される写真で正確に色合いを調整して撮影したとしても、ネットショップ公開の段階で正確な色合いは無くなってしまいます。
右写真の劣化画像をさらに保存を繰り返せばJPEG画像の特性としてモザイク状の劣化が目立ってきます。

「こんなケースは滅多に無いのでは!?」
と感じるかもしれませんが、意外と部署ごとでデータ制作が同時に行なっている会社では、元画像を共有せずに加工済み画像を共有しているケースもあるので、こうした事例は必ずしもレアケースとは言い切れません。

上書き保存などを繰り返すことが想定される場合は、元画像からの劣化率を気にしておくことも、商品写真を扱う場合は大事なポイントです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション