商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カードを使って商品撮影を便利に

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。


いまさらネタという感じも少ししますが、商品撮影を便利にするEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カードについて触れておきます。
Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カードというのは、SDHCメモリーカードにWi-Fi機能が内蔵されたカードで、例えばカメラのSDカードをEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)に変えて撮影して、お持ちのスマホやタブレット、PCにリアルタイムに転送する便利グッズです。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)だと何が便利なの?
製品の動画を見る限りはお遊び便利グッズのようですが、自社で商品撮影を行なう場合には非常に便利になります。
具体的には「ピントチェック」でしょう!
細かな商品を撮影して、カメラの小さいモニターで拡大して確認・・・その繰り返し・・・
商品数が増えてくると、地味に目が疲れます(笑)
このEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)を使ってipadなどの端末に転送していけば、大きな画面でピントや構図など確認しながら作業ができるので、撮影効率が良くなります。
よくあるスタジオの撮影風景でモニターにカメラで撮った写真が写し出される状態を簡易的に再現できます。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)の活用のコツ
個人的な感想としてはカメラ側にSDカードスロットが2枚あると便利です。
例えばカメラ側でRAW+JPEG画像を同時記録できるようにしておいて、SDカード1にはRAW画像をSDカード2にはJPEG画像を保存するようにしておいて、「JPEGのみ端末へ転送する」ようにしておけば、よりスムーズになります。
なぜこのように記録形式を分けるかというと、「転送速度」を重視したいからです。
RAW画像は後からしっかりデジタル現像ができますが、その分データ容量は大きくなってしまうため、当然転送速度に時間がかかります・・というか実用レベルではないと感じます。
端末で確認するのは構図やピント、色合い(端末による)のチェックなので、JPEGの最小画像でファイル容量を軽くして転送効率を上げておきます。
同製品のMobi ProはRAW転送にも対応していますが、パソコンに転送する人以外は、転送がもたつくのでお勧めしません。
もちろんカメラ側のSDカードスロットが1枚の場合でも、2枚スロットがあった方がファイルの管理する上で便利なだけですので、RAW+JPEG画像を同時記録できれば問題ありません。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)で商品写真をダイレクトに公開
ここまではカメラで撮影した画像を転送して確認する作業について書きましたが、機能的には転送写真をそのままSNSなどにアップすることもできますので、RAW現像などを行なわずJPEGで撮ってすぐ公開することもできてしまいます。(あまり実用性を感じませんが・・)
考えられる小技としては、例えば東京と大阪で支店があって、東京で撮影している画像をリアルタイムに大阪のスタッフに見せていくこともクラウドの共有設定をすればできますよ♪

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)で注意しておきたいこと
メリットばかり書きましたが、当然、欠点もあります(笑)
それはタブレットやスマホに転送を繰り返すと異常にアプリ容量を取ってしまうこと、大体1000枚くらいを何度か繰り返すとEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)自体のアプリ動作が遅くなります。
使い方としては1日撮った画像はパソコンに保存したらアプリから削除する、撮影毎にクリアの状態でスタートさせておくと過去の写真を読みに行く時間が短縮されるので比較的スムーズに動くようになります。
ですが、半年に1回はアプリ自体をアンインストールして、インストし直すことをお勧めします。
私もピントチェックなどの確認用に使っていましたが、大量に画像を扱って削除を繰り返していくとフリーズすることもあります。
調べた結果、アプリ上で削除してもキャッシュのようなものが残っていくようなので、アプリが立ち上がらないなどの症状が出たら「アンインストールして、インストし直す」これがベストです。
プロシリーズを出すならこうした不具合をメーカーさんも考えて欲しいのですが・・

ともあれ、商品撮影の画像を手軽に大きな画面で確認しながら撮影したい場合は、一度お試し下さい。
便利さにちょっとニンマリすると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション