商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 戦略的で消費者を魅了するページ構成を学ぶ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
20150121-urban_reserch.jpg

このネットショップのココがすんごい!

アパレルファッション系のサイト構成とというと、「寒色系でスタイリッシュに見せるパターン」と「暖色系でほんわか見せるパターン」が多く見られますが、ネットショップを展開して長いキャリアを持つURBAN RESEARCHのショップ構成はひと味違います。

デザイン的なバランスが良い点はもちろんですが、特集ページには明確なコンセプトとストーリー性が満載です。
爽やかな写真構成の中にスパイスとして動画を嫌味なく持ち込み、訪問者は思わずページに没入してしまう。
基本的にSnap+は、スタイリングを提供するページですが、日常の世界観を全面に出すことで通常の通販サイトとは一線を画しています。
つまり商品自体の価格をバーンと出してしまう楽天市場でよくみかける展示方法ではなく、「消費者に欲しい」と思わせる商品展示です。
横スクールをするjqueryを使った演出は導入は容易ですが、スクロールさせる写真の組み方はセンスが問われます。

では自社でチャレンジするには撮影依頼時に何が必要なのか?

Snap+のような特集ページを構成するには、まず最低限季節ごとの通年特集と考える方がベターですが、URBAN RESEARCHさんと同じように月毎に更新する目標を立てる場合は、プランニングの段階で1年分のコンセプトを予め用意したほうがいいかもしれません。
理由としては、計画性が曖昧な状態で特集を進めると6月・7月など隣接した時期で特集の意図がぼやけてしまうことも考えられます。
手始めにSS/AWなどでの2ブロックを狙っても充分インパクトはあるかもしれません。

撮影依頼時にはメインとなる商品を3つ決めます。
仕入れた商品すべてをメイン扱いするのではなく、ショップの特長が出やすいアイテムを厳選することです。
主力商品が決まったら「カジュアル」・「クール」などのありがちな区分けのコーディネート提案ではなく、シーンを決めます。
上記のSnap+を例にすると「秋」を題目として「散歩」・「芸術」・「食欲」これがシーンとなっています。
そうすることで、ストーリー性が生まれてパッと見たときに「面白い違和感」をイメージしてもらうことができます。
服のジャンルに合わせたコーディネート提案ではできないこうした印象付けはこのコンセプトとシーン展開が根底にあります。
あとは商品撮影を依頼するスタジオにロケが必要なのか、スタジオ構成で撮影可能なのかを打ち合わせて仕上げていくとSnap+に近づけることが可能です。
くれぐれもポーズ決め決めのモデル写真を撮らないように入念に相談しましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション