商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. トップライトを利用した商品撮影ボックスを作る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
トップライトを利用した商品撮影ボックス
以前に商品撮影用のボックス作りについて触れた機会がありましたが、今回はGW期間中ということもあるので少し目線を変えて撮影業務に役立つ「トップライトを利用した撮影台」の簡単な作り方をご紹介します。
そもそもトップライトを使う意味は、「照明によってできる不要な陰を消す」ためには有効です。
人物撮影の場合は「髪の毛に光を当てるヘアライト」にも使われますが、今回はコンパクトに小物商品で使える商品撮影ボックスの製作事例となります。

使用する部材は、フォトフレーム(撮影する商品に合わせた枠)とトレーシングペーパー、そして撮影の土台となるボックステーブルの脚です。
フォトフレームはA4サイズ程度であれば、すべて100円ショップで手に入ってしまうのでとてもお手軽です。
※フォトフレームは黒枠などの色は避けて白かベージュの淡い色の枠組みでできたものを探します。
※テーブルの脚となる部分は発砲スチロールのブロックでも代用できます。

トップライトの配置例
フォトフレームのガラスは外しても外さなくてもOKですので、フレーム枠内にトレーシングペーパーを貼ります。
トレーシングペーパー越しに光を当てることで陰が柔らかくなるので、撮影イメージに合わせてトレーシングペーパーを貼るか否かは決めましょう。

商品撮影ボックスの作り方といっても土台に置くだけで大枠は完成してしまうので、移動も設置も簡単です。
準備ができたら撮影する商品を設置して、早速、上から光を当てて調整します。
もし、事務所などで天井の蛍光灯しかない場合でも、そのまま撮影するよりは写真の印象は変わりますので、1度そのままの光源で試してみてカメラ側でISO設定などで調整します。
どうしても光量が足りないようならスタンドライトを準備してトップライトの光量を強くして下さい。

トップライトの設置が終わったら、商品から見て45度の角度からもう1つくらいライトを当てると、より立体感のある写真になると思います。
小物類が多く、業者に撮影を依頼すのはちょと・・と感じている方は一度チャレンジしてみて下さい。

こうした小物類の商品撮影ボックスは市販のモノも多く出回っていますが、価格が高いです。
サイズが極端に変わらない場合であれば、原理を知ってしまえば代用はいくらでもできます。

どんなプロスタジオでも撮影の為の小技グッズ(箱馬など)は自作していることも非常に多いのです。
万能型の商品撮影ボックスはない!と考えれば、自身が取り扱う商材に合わせて作ってしまえばあとは撮るだけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション