商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 写真表現のありかたの話

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
写真表現について
今回はほんのり商品撮影とは脱線するかもしれませんが、「写真表現のありかた」についてエッセンスとして記述します。
「写真を加工する!」というと、本来写真は、「真実を写すもの」だから、最初に撮った写真をあれこれレタッチしてしまうのは邪道だと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には全くそのような考えを持ったことはありません。

特に日本人が漠然と抱いている「写真」という意味合いは非常に限定的で、海外では一般的に(写真=photograph)とは、「光を描く」意味合いが根底にあって、同じ写真を撮っても個性的になる傾向があります。
1つの例として下の風景写真をご覧下さい。

表現方法の違い
左側の写真はよくある「見たままを表現」する、いわゆる日本人が写真を考えるイメージの「真実を写すタイプ」、対して右側は表現として積極的に光と陰を描こうとしている写真です。
どちらが正解という評価ではなく、2つの写真ではスタート地点(考え方や目的)が異なっているように感じます。

デジタル写真が全盛になって、スマホアプリや編集ソフトで写真で遊ぶことが多くなった現在、こうした写真を否定的な目で見る人もいらっしゃいますが、写真を加工すること自体は、フィルム時代から当然のように行なわれてきた作業で、「暗室にこもって現像する」こうした作業は現代のパソコン上での編集作業のようなものです。
写真プリントのクロスプロセス現像などは典型で、アプリのインスタグラムのような加工処理を愛する人は昔からいたのでしょう。
デジタル写真が無かった時代は、ネガフィルムを割り箸で擦って独特の雰囲気を演出しようとする行為も言い換えれば加工写真です(笑)

写真表現において基礎知識は確かに必要ですが、もっと重要なのは写真で表現する目的であって、正解があるとすれば「真実を写したい」と思って写真を撮ったなら、上の画像の左が正解で、濃淡を強調したいと思って写真を仕上げれば右側の写真が正解なのでしょう。

写真表現の評価をするサイトが多く存在しますが、見極めるべきは「撮影者の意図」であって、彩度やシャープさなどの撮影者の意図と関係の無い部分は優先順位からすれば低いモノだと感じます。

見ていて楽しい写真表現がたくさん出てくることを願うばかりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション