商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影で迷うF値の仕組みを知る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影で使えるF値と露出の意味
商品撮影を行なうときに、デジタルカメラのF値について、どう設定したらいいのかを迷う人もいますが、写真撮影を始めたばかりの人の大半は、「F値を上げたり下げたりすると明るさが変わる」とか「背景がボケるいい感じの写真が撮れる」これくらいの感覚で撮影していると思います。
では、具体的にF値による明るさの変化やF値を固定した状態で正確に明るさをコントロールできるかといえば、感覚に頼っている状態ではないでしょうか?
写真を撮りまくって、感覚を習得する!w、というのも1つの方法ですが、基本的なF値の知識を持てば曖昧な判断を少なくすることができます。
今回はF値のボケ味の話ではなく、明るさのコントロールについて触れていきます。

F値の数字には法則があります
F値にはF2とかF5.6とか様々な数字を設定できますが、どうしてもカメラの画面で見ていると数字が変化するだけで法則についてはあまり深く考えない人が多いようです。
まずはISO100で固定した場合の基本的なF値の推移を見ておきましょう。

商品撮影における基本的なF値の設定
上の図のようにF値を並べると緑と赤で規則的に変化していることが分かると思います。
緑、赤の数字の区分けでそれぞれ2倍(段)ごとに数字が上がっていきます。
例:F1.4の2倍の明るさはF2.8となります。
よく言葉として登場する「露出を1段絞って!」などと呼ばれると、「何言ってるの??」とF値の上げ下げで混同してしまう理由がここにあるような気がしています。
露出を1段絞るってことは・・F1.4の場合はF2.8でいいの??と勘違いしてしまうのです。
1段絞るとはF1.4の場合は図の並びから次の数字、F2にするのが正解で、絞りリングを1段絞ると考えます。
本来なら数式で説明してもいいのですが、100%面倒だと感じてしまうと思うので、さらに知識を深めたい方は検索してみてください(笑)

現在のデジタル一眼レフカメラは上記の表以外のF値も表示されるため、F値の数字の意味については難解になっています。
しかし、昔からフィルムカメラのダイヤルを触っている人からすれば基準となるのは上記の図からの変化と感覚的に分かっているため、デジタル時代になって更に細かく絞りを変えることができるので便利になったとも言えます。

とはいえ、ややこしいですよね(笑)
今ではISOの自動設定でほとんどの人がその存在も無視して使っている人も多くなった露出ボタン・・・
フィルムカメラの場合は、装填しているフィルム感度は決まっているので、「F2.8で絞りを固定させて明るくしたいときは即、露出orシャッタースピードを触る」という感覚だったのですが、デジカメからカメラを始めた人はISO感度を触る傾向が多いようですね。
どちらもF値と露出の関係という点では差はありませんが、昔ながらのカメラ知識を得ることで写真撮影のスタイルが変わるかもしれませんのでご参考下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション