商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. デジタルカメラの種類を知る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
カメラの種類と商品撮影での活用
つい先日、カメラ選びについて少し記載しましたが、最近のデジタルカメラの種類(ジャンル)って多様化してるように感じませんか?
各カメラメーカーの努力もあるのですが、高性能化や軽量化も進んで、ちょっと前までは「デジタル一眼レフカメラ」が、プロには最適!と感じていましたが、今ではコンパクトデジカメでも非常に綺麗な写真が撮れてしまう時代です。

ではプロの現場でもデジタルカメラの種類は気にしなくてもOKなのか?
というと、ネット使用の画質のに限れば、どのカメラのジャンルを選んでも高級デジタル一眼レフとコンパクトデジカメを見分けられるのは、ごく限られた人になってくるでしょう。
しかし、実際の撮影状況によってはそれぞれの特徴を考えながら使用する必要があるようです。

細かく機械的な話をしてもつまらないので、どんな撮影状況(シーン)で役立つのかを考えながら、カメラを大枠の種類に分けて、それぞれの特徴を見ていきます。
まずデジタルカメラの種類についてざっと区分けしてみます(メーカーはNikon)
カメラの種類一覧
大枠としてはどのメーカーもデジタルカメラはこの3ジャンルとなります。
ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

デジタル一眼レフカメラの特徴
デジタル一眼レフカメラが他のジャンルと比べて大きく違う点は、オートフォーカス(ピント合わせ)のスピードです。
高速にピント合わせができるので、動きの早い被写体を撮るには最適です。
動きの早い被写体というと、飛行機や車を想像しがちですが、人物撮影でも場面によっては高速で動きます。
例えば、風に揺れる髪の動きの一瞬を撮る場合や、アパレルなら服の生地が揺れた一瞬なども動きの早い被写体といえます。
他のジャンルと比べるとサイズも大きいので、写真を撮るぞ!と意気込むたい人はこの種類のカメラです。

ミラーレスカメラの特徴
一番悩むのはこのジャンルの存在性でしょう(笑)
コンパクトでありながら一眼レフカメラっぽい・・何だこのカメラのカテゴリー??
個人的にも注目しているジャンルですが、理由として「気軽に持ち運べて、あなどれない画質を持つ!」ことです。(レンズ交換もOK)
デジタル一眼レフカメラはサイズが大きくなるため、写真を撮るぞ感(なんだそれw)がありますが、ミラーレスカメラはサイズ感も良く被写体に妙なプレッシャーを与えません。
モデルの商品撮影を行なっていると、たまに感じるのが大きなカメラを使うと「カメラの圧力」で人によっては緊張してしまうことがありますが、こうしたミラーレスサイズのカメラだと変なプレッシャーを与えることはありません。
但し、機種によっては背面の液晶画面で操作を行なう場合もあるので、ファインダーを覗くことに慣れている人は最初は使いづらいかもしれません。

コンパクトデジカメの特徴
どのジャンルより手軽に撮影できるのがコンパクトデジカメの特徴ですが、気をつけたいのはオートフォーカスのスピードです。
他のジャンルに比べて仕様上、撮りたいと思った時からピントが合う速度にズレが生じるため高速で動く被写体を撮影するのは苦手ですが、単純に料理写真や商品単体の撮影レベルであればニーズを満たす機種も多く出ているので、機動力と写真を残すという点では魅力があります。

カメラの種類と機械的なこと
上記3種類のカメラの特徴について書きましたが、「おいおい、メカニカルな事は無視していいのか?」と感じる人もいるかもしれませんが、こだわる人はこだわってください(笑)
そもそもカメラのメカニカルな事は個人的にはどうでも良いと思っているタイプで、機械的な仕様は「その時撮りたい写真」がある時だけ気にします。
「色合いがまろやか」とか「解像感がすごい!」とか・・そうした主観に依る判断はカメラ雑誌などがきっと検証してくれることで、それが好きどうかは別の話ですよね。

他の人は「キャノンの○○に対してこの機種はオレンジ色が強く出てしまう!」とか仰っても、そのオレンジが強く出てしまうことが好きな人もいるのも事実。
カメラの種類と漠然とした特徴を知って、自分の使い勝手に合うカメラを手に入れたら、たくさん写真を撮ってみてください。
そうすれば、カメラ(機械)ではなく「あなただけの写真の特徴が生まれる」ハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション