商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影の背景はなぜ白色(ホワイト)が多いのか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影にホワイト背景が多い理由
今回は商品撮影に常用される「ホワイトペーパー」について少し触れたいと思います。
撮影に使用する背景というのは、何気に白・ホワイトでしょう!と思いますが、「どうして白がいいの?」と聞かれると困りますよね(笑)

漠然と「背景がシンプルだから」とか「切り抜き加工に便利」という記述はありますが、これらの理由であれば別段ホワイト背景にこだわる必要はありません。
白という背景色にもいくつか種類があり、背景紙を製造しているメーカーもホワイト系に準ずる商品は各色用意されています。

ちなみにモデルコードで商品撮影時に使用している背景紙はホワイト系の中でも「スーパーホワイト」を使っています。
1つの理由としては「白抜き加工を想定した撮影時に商品と背景のコントラストを作り易い」ことです。
もう1つは、「ストロボを発光させた時に人物の輪郭に色が被ってこない」これも重要です。
厳密に言えば「白も白く色は被ってくる」のですが、そこは経験で照明セッティングを行ないます。

ではホワイトペーパーでなければ色被りは調整できないのか?
実はそうでもありません。
過去の写真に参考になりそうなのがあったので、実例を見ながらご紹介します。

商品撮影の背景サンプル
上記のサンプル写真は同じ服で背景をそれぞれカラーペーパーと生地背景で撮影したものです。
左はカラーペーパー「黄色(イエロー)」で撮影したもので、右はレースの生地を背景にしています。

一見すると、同じ商品色を保っているように見えますが、よーく目を凝らして見ていくと黄色の背景ペーパーの場合は、光の反射で商品自体に薄く黄色が入っているのが分かります。
モデルさんにも薄く黄色の輪郭が出ていますので、これをバナー画像に使用するために切り抜き加工で合成するには手間が掛かります。

対して右側のレース生地の背景はどうでしょう?
先ほど同様に服や人物の輪郭に色が被ってくることはありません。
白いレース生地のサンプルでスイマセンが、色柄問わず生地背景の場合はあまり目立った色被りは起きません。
理由としてはコットン系の生地は光を吸収する素材のため、色が跳ね返って商品の色に影響を与える可能性は少なくなるということです。
対してペーパー(紙)の場合はある程度は光は反射してきます。

商品撮影に使用される背景に白が多いのは、こうした反射による色被りを避ける目的でも重宝されます。
ということは、反射の少ないカラーペーパーならホワイトでなくても良いのか?
結論としては撮影に慣れていない場合は、ホワイト・グレー・ブラックのカラーペーパーを利用することをお勧めします。
色被りの影響を受けにくいので撮影に集中できると思います・・・って黒背景は奥が深いですよ(笑)

商品撮影は白!というのは、どんなカラーの商品とも相性が良い事と+αのメリットがあるため、初めて撮影スタジオを利用するときの背景はホワイトが無難です。
余談ですが、白背景のみでも、ライティングによってグレー・黒に背景色を変えるなんてこともできますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション