商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮像素子から考える商品撮影のカメラ選び

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮像素子から考える商品撮影に使うカメラ
写真やカメラのことを少し勉強すると、フルサイズ機とAPS-C機、はたまたコンパクトデジカメどれを選ぼうか?
と、悩む方もいると思いますが、「果たして商品撮影に向いているカメラはあるのか?」を撮像素子の話を交えながらご紹介したいと思います。

撮像素子って一体なに?
この手の話になると非常にややこしい部分になるので、簡潔にご説明すると、デジタルカメラの内部には光を受け止め感知する基盤があります。
カメラのフィルムに35mmとか中判フィルムなど種類があったようにデジタルカメラでは撮像素子があります。
つまり撮像素子=フィルムのサイズだと考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

では実際に撮像素子のサイズの違いをご覧下さい。

撮像素子のサイズ説明
フルサイズ、APS-Cサイズ、4/3サイズ、1/1.8サイズ、1/2.5サイズetc・・デジタルカメラといっても多様な撮像素子の大きさがあることが分かると思います。

・フルサイズ機のデジタルカメラは、35mmフィルムの大きさが基準
・APS-Cは2年程前まではデジタル一眼レフカメラでは主流のサイズです。
・4/3サイズ(フォーサーズ規格)を採用した撮像素子はオリンパスやパナソニックのデジタル一眼レフに採用されていることで知られています。
・1/1.8や1/2.5サイズの撮像素子は、コンパクトデジタルカメラで多く採用されています。


こうして見ると撮像素子が小さいと写せる画角が狭くなってしまうの?と感じるかもしれませんが、撮像素子が影響を与えるのは、
・写真の画質(撮像素子が大きいほど高画質になる)
・画角(異なる撮像素子を持つカメラで同じ距離から撮影した場合の写せる範囲)

ということになりますが、ここで力を発揮するのは「カメラのレンズ」です。
写せる範囲が狭くなってもレンズによって画角を調整しています。
例えば、レンズに「35mm換算で○○」と表記があるのはフルサイズ機以外のものとなります。

やっぱり商品撮影には撮像素子が大きい方がいい!?
フルサイズのデジタルカメラの撮影素子が大きいことはメリットですが、撮像素子のサイズが大きいと、1画素あたりの面積が大きくなるので、感度やノイズといった画質を左右する性能が高くなります。
つまり写真を綺麗に撮れる人は、よりキレイに、初心者の方はそれなりに荒も目立つ・・とも言えます。

個人的にフルサイズ機を求める理由は、フィルムカメラで使っていた過去のレンズが使えることや、APS-Cサイズで違和感を感じていた35mm換算という曖昧な数値から開放されるという点だけです。

撮像素子が大きければ高画質になる!これは数値上は間違いありませんが、写真の良さを決めるのは高画質だけでしょうか?
商品撮影で考えるならば、最優先されるべきは「伝わる商品写真であるかどうか?」で構図やモデルは重要視されますが、ネット上で使用する画質であればフルサイズ機が絶対であるという理屈はありません。

ちなみに今までJPEGで撮影していたものを、RAW撮影に変えるだけで中間階層の色階調は相当変わります。
スマホで撮りましょう!とは言いませんが、フルサイズやAPS-Cなどの観点からカメラを選ぶことは単純に所有欲を満たすだけであって、写真が綺麗に撮れることとイコールではありません。

昔、有名な写真家が使い捨てのインスタントカメラで木村拓也さんの写真集を撮ったように、「カメラは機械で撮るのは人間」それで写真など簡単に変わってしまうのです。
商品撮影に使うカメラで大事なことは撮像素子などの性能ではなく、「伝えたい写真を撮れるカメラかどうか?」です。
最近のコンパクトデジタルカメラは性能も良いですが、メーカーが直感的に使えるよう試行錯誤しているのはこうした理由かもしれませんね。

メカニカルな部分に惹かれるのであれば性能重視で、また逆に「カメラの形が可愛いから買う」、これも素敵な写真を撮るための重要な要素です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション