商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ネットと印刷用のモニター設定による写真の色域の違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
色域表現の違い
よく商品撮影のスタジオがいう「色の管理されたモニター」というと何だか難しい話になってしまいますが、今回は簡単に印刷用の写真とネット用の写真でお持ちのモニター上でどれだけ色に違和感が出るのか?極端にズバッと見れるようにしてみようと思います(笑)
色域の比率
まず、モニター上の写真の違いを見てもらう前にモニターがセットになった市販のパソコンなどはsRGB色のみを再現、印刷用途に使うスタジオはsRGBとAdobeRGBを写すことができると想定します。(ザックリ)
当然ながらスタジオはネット用でも印刷用でも両方最適な色再現ができるように準備をしています。
つまり「用途を問わず色の管理されたモニター」です。

ではスタジオ側が印刷用のAdobe RGBのモニター設定でネット用の写真を納めたら・・
クライアント側(市販のパソコン)ではどう見えてしまうのか??
左側の写真に注目してご覧下さい。
サンプル画像
極端な例ですが見た通り、左の写真に違和感(くすんだ状態)を感じると思います。
Adobe RGB上(印刷用)では良くてもsRGB用(ネット用)のモニターでは、色を再現できる幅が少ないということです。
右側のネット用に調整された写真の方が肌の感じなどが飛び過ぎず自然かと思います。
こういった写真の違和感を無くすためには、撮影スタジオ側もsRGB設定で必ず調整して納品することが大事です。
稀にAdobeRGBで確認しただけでポンと納品されているケースもあるので、納品された写真がくすんで見えたりする場合は、仕方が無いと環境の整っていないモニターで色をいじってしまう前に撮影側に問い合わせてみることをお勧めします。
きちんとしたスタジオであれば確認調整はしてくれるハズです。

以上、ざっくりとした色域表現のご説明でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション