商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影で露出補正に迷ったら

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
自動露出補正について
商品撮影を行なうときにデジタル一眼レフカメラが機械的に判断する自動露出(AE機能)は、大半の方が普段は気にすることはないと思います。
最近のカメラは、精度よく露出を自動で判断して撮影することができます。
しかし、ごく稀に撮影側が意図していない露出(明る過ぎ or 暗過ぎ)になる場合があります。
そこで登場するのが「露出補正」ですが、ちょっとした原理や対処法を知っていると狙い通りの露出補正ができます。
物撮りをしていて「何かちょっと・・」とカメラ任せの自動露出に関して疑問のある方はお読み下さい。

実はデジタルカメラは極端な色が苦手なのです
デジタルカメラ機能の自動露出は極端な色、例えば画面いっぱいに「白い物体がある」または「黒いものが大部分を占める」などの状況や、デジタルカメラの機種にもよりますが、「彩度の高い赤色」は撮って確認すると朱色やオレンジ系になってしまったりします。

このようなことが起こる原因としてほとんどのデジタルカメラの露出計は「色を判断していない」からです。
簡単に言うと「光の反射率」を判断しているだけで、カメラの露出計は18%グレーを基準として明るさを判断しているので、実際は白や黒、その他の色に対しても露出計は色を認識しているわけではありません。

つまり同じ赤のスカートを太陽光とタングステン光の環境で撮っても、カメラの露出計は写真のニュアンスではなく、物体の反射率を判断しているだけで、ホワイトバランスを18%グレーで設定するのも、「この反射率から明るさ(これが白だ!)を判断しなさい!」と命令している状態です。

自動露出のクセを知る
自動露出の段階で「色を認識していない」というのはお分かり頂けたと思うので、次は場面ごとの露出補正を見ていきます。
そしてカメラ任せで顕著に出る自動露出の例として、「白いもの」・「黒いもの」で解説していきます。

まずは白いものとして「雪の写真」のサンプルをご覧下さい。
白いもの自動露出の調整
カメラ任せの自動露出で撮ると全体的に白いものが写っているのでカメラは、「画面がすごく明るいから少し暗く調整しよう」と判断します。
しかし、撮影者は「白い雪を表現したい」ので露出補正はプラスにします。

次に黒いもの「屋内で黒っぽい上着を着た写真」のサンプルをご覧下さい。
黒いもの自動露出の調整
こちらはカメラ任せの自動露出で撮ると全体的に暗い(黒い)ものが画面を多く占有しているのでカメラは、「画面の多くが暗いから少し明るく調整しよう」と判断します。
これも撮影者の意図とは違うので露出補正はマイナスにして黒を表現します。

自動露出は色ではなく明るさで対応
サンプル事例を見ると「白はプラス、黒はマイナスでOK!」と考えてしまいますが、正解のようで間違っています。
「カメラの露出計は色を判断していない」ので、白いものは反射率が高い、黒いものは反射率が低いことから露出をプラスなのか、マイナスなのかを人間が判断します。

例えば、ものすごく天気の良いピーカンの青空を撮って、眩しいくらいの陽射しを表現したいのであれば自動露出(自動で暗く補正する)に頼らず、プラス補正で空の光を強調するのも良いでしょう!
つまり撮影者の意図によって露出はどのようにもできるということ!
上の「雪の写真のサンプル」でも、もし撮影者が「寒々しい感じ」をもっと強調した表現にしたいならセオリー通りのプラス補正ではなくマイナス補正になるでしょう。

今回ご説明した露出補正はあくまでも基本的な対処方法であって、商品写真や作品撮りなどの目的によって露出の決定方法は変化しますので、適正露出は「自分で決める!」ということも頭の片隅にでも置いておいて下さいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション