商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影の状況に合わせたAFエリアモードの選択

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
AFエリアモードの選択方法
3日ほど前の記事で「商品撮影はAFフレームの自動ピントにご用心」というタイトルで、AFエリアモードについて少し触れましたが、今回は補足として商品撮影などを行なう際にTPOに合わせたAFエリアモードを選択できるように各AFモード種類と特長について記載しておきます。

まずAFエリアモードとは何かをご説明しますと、簡単に言えば撮影対象物によってオートフォーカスポイントを任意または自動で行なうかを決めるカメラ側の設定です。
「そんなの自動でいいでしょ!?」と感じる人もいると思いますので、自動にしてしまったよくある事例をご紹介します。
下の写真をご覧下さい。

AFエリアモードの失敗例
集合写真などで撮影対象が人物ですが、人物より前に何かしら遮るものがある時(この場合は木の柵など)にカメラ任せのAFエリアモードで撮ろうとするとピントが人物の顔ではなく「柵から出てる手にピントを合わせてしまう」こともあります。
人物が動いていれば問題ないですが「はい、撮るよ~」と撮影者が声を掛ければ全員ポーズをとって静止する・・カメラは全部が静物(風景!?)と認識して一番手前の柵から出ている手を主役としてピントを合わせてしまうw

こうした自動ピント状態では狙った箇所のピント合わせを人間ではなく、カメラ(機械)が決めるということになります。
とはいえ、カメラ任せのAFエリアモードもシーンによっては大活躍しますので、一概に人間任せがすべてということではありません。

では実際にどのようなAFエリアモードがあるか見ていきましょう。
下の写真は一般的なデジタル一眼レフのAFエリアモードの種類です。

AFエリアモードの種類について
どのフォーカスポイントを選ぶのかを決める設定がAFエリアモードとなり、
・シングルポイントAFモード
・オートエリアAFモード
・ダイナミックAFモード
・3D-トラッキング

などが各カメラによって設定できると思いますので、お持ちのカメラの取扱説明書をチェックしてみて下さい。

AFエリアモードの種類と特長

AFエリアモードはそれぞれの撮影時に適切な設定をしておくと写真撮影が楽しくなりますので、自身がよく出くわす撮影シーンを考えながら参照してみてください。

シングルポイントAFモード
ファインダー内のズラッと並んだ四角のフォーカスポイントの中から撮影者が任意に選択したフォーカスポイントを使用してピントを合わせる場合に設定します。
基本的には静止している被写体向けなので、商品撮影の「物撮り」で狙ったポイントにピントを合わせたい場合に便利です。

ダイナミックAFモード
フォーカスポイントの選択方法はシングルポイントAFモードと似ていますが、被写体が一時的にフォーカスポイントから外れた場合に周囲のフォーカスポイントが引き続き被写体を捉えてピントを合わせ続けますのでポージングを行なう人物撮影などでも有効です。
例えばモデルの目にピントを合わせ、次の瞬間ほんの少し合わせたピント位置からズレたとしても自動で捕捉してくれます。

オートエリアAFモード
カメラ側が、全てのフォーカスポイントから被写体を自動認識してピント箇所を決定して合わせます。
被写体の色や形状なども考慮して自動的に行なうので各メーカーや機種によっても挙動は異なります。
基本的にはカメラに一番近いものを優先してピントをあわせると思いがちですが、人間を優先判別する機種もあります。
「笑顔認識モード」など人に感知するのもこのモードに属していると思います。

3D-トラッキング
まずこのモードの特長は「撮影者が選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせることです」
その後、シャッターボタンを半押ししている間は、構図をずらしたりする変化に応じて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。
よくある例ですと、ペットにピントを合わせて、動き回るペットを追尾してシャッターを切るまでピントを合わせ続けてくれます。
スポーツシーンや飛行機を撮るなどピント合わせが難しい場合に非常に便利です。

以上が主なAFエリアモードの説明となりますが、シーンに合わせてモードを決めるって・・考えすぎると面倒ですよね(笑)
個人的には「シングルポイントAFモード」しか使っていません(~_~;)
多分ですが、フィルムカメラ時代から触っていた人はシングルポイントAFモードで十分だと感じている人も多いと思います。
「ピンを合わせてサッとシャッターを切る」これで人物を含めた商品撮影はOKのような・・・

三脚固定の撮影ではそもそもマニュアルフォーカスにしてしまうので・・
盛りだくさんのデジタルカメラならではのAFフォーカス機能は嬉しいのですが、フォーカス機能縮小版でカメラが安くなるならもっと嬉しいと思う今日この頃・・

余談はさておき、色々AFフォーカスモードを試して、ご自身に合うモード設定を見つけて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション