商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 料理写真や湯気の表現を学ぶ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
料理写真の湯気の表現
モデルコードではあまり料理写真などの依頼は少ないのですが、「料理写真の湯気の表現」について解説させて頂きます。
というのもこういった撮影方法は商品自体が透明な場合などにも覚えておくと便利なので自社で商品撮影を行っているショップはご参照下さい。

最近ではテレビなどの料理番組などで、レポーターが食べている姿とは別に「料理の物撮り」を行なって、より美味しそうな映像を目にすることもあると思いますが、簡単にラーメンなどの湯気を表現するのであれば、「黒い背景で撮る」これで湯気の表現はできてしまいますが、通常の料理写真の場合は、「自然な状態」で美味しそうに見える撮影手法が必要となってきます。
とはいえ今回はいかに湯気を写すかですが・・(笑)

まず、前提として重要なのは、撮影前の準備です。
例えば料理を仕上げてしまってから、写真撮影の段取りをしていては、暖かい商品も冷めてしまいます。
また湯気を表現したいからといって極限まで熱くする必要もありません。
これは季節や室温などを考えて湯気のベストな立ち昇り!?を把握しておきましょう。

あとは撮影のセッティングですが、基本は「逆光で撮る!」
照明機材などが無い場合は、窓際にテーブルを置いて太陽の光で料理が逆光に照らされる位置を探します。
下のレイアウト図をご覧下さい。
料理写真の撮影方法

完全に逆光にするのではなく、少し斜め後方から料理を照らす逆光気味にすると、料理の具材などが立体的になってより本格的な料理写真になります。
左側に設置しているレフ板は100円ショップなどで手に入るカラーボードなどで代用しても大丈夫です。
レフ板は逆光で撮るので、料理手前側が陰になり暗くなるのを防止するためにレイアウトしています。

準備ができたらいよいよ撮影ですが、カメラアングルにも気をつけて、料理の中身が見えつつ湯気も見えるアングルを探します。
これで手軽に湯気を表現しつつ温かみのある料理写真を撮ることができますよ。
ポイントとしては背景はゴチャゴチャさせずに、シンプルに仕上げることでさらに湯気の感じが引き立ちます。

撮影するカメラアングルを少し下げたり、上げたりすることで、カタログ本のような雰囲気に近づけていきましょう!
使用するカメラは自然光の場合、スマホでもコンパクトデジカメでもカメラは選びませんので、レシピ写真などを撮っている方は参考になれば幸いです。

逆光による撮影手法はこうした料理写真だけに限らず、人物や静物の商品撮影でも使い方や工夫次第で楽しい写真が撮れます。
自社で商品撮影をする時も高価な機材を利用することばかり考えるのではなく、撮るための思考を養うことでその人らしい商品写真になりますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション