商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. Nikon 1 J5の単焦点レンズキットで商品撮影してみる!?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。


レンズ交換式アドバンストカメラ

Nikon 1 J5スペシャルコンテンツ
http://www.nikon-image.com/sp/nikon1_j5/?cid=JJXNX001518


単焦点レンズが商品撮影に向いている理由

ニコンからレンズ交換式のアドバンスカメラが4月下旬に発売されますが、ちょっと商品撮影にフォーカスを当てて商品の説明をさせて頂きます。
まず、今回発売されるのはNikon1 J5という機種で当然J4,J3の後継機種になりますが、面白いのは「F値1.8の単焦点の新レンズキット」をメインに用意しているという点です。

もちろん、欲しいと思えば広角や望遠レンズを足すこともできますが、まず主力のレンズキットとして単焦点レンズを勧めている点です。
デジタル一眼レフカメラだと「レンズセット」で購入する場合は、「望遠レンズ」が標準だったりしますが、こうしたレンズは「何でも撮れる」メリットはありますが、「何でも平均点」というレンズともいえます。
大体カメラ好きの人は、カメラボディのみ買って、レンズは好きなもの装着するパターンが多いです。
その時、買い足すレンズで人気があるのが「単焦点レンズ」です。

話を戻してNikon1 J5は単焦点の新レンズキットが用意されているので商品撮影時にズームレンズ使用時のように湾曲などの煩わしいレンズのクセが少ないので、商品撮影に集中させてくれる強い見方になると思います。

商品撮影で簡単にボケ味のある写真が撮れる

単焦点レンズの特長としてボケ味のある写真が簡単に撮れることも見逃せません。
例えばアクセサリーや料理写真などで、優しいボケ味がある写真だと一層、商品写真の印象はアップします。
単焦点レンズのぼかし
とはいえ、単焦点レンズは当然、ズームリングで近寄ったり遠ざかったりできませんので、「自分が動く」しかありません。
一見、不便なような気もしますが、実はこうしたズームレンズに頼らない撮影者が動くという行動は、写真の構図を決める上で重要です。

撮影者が動かないで近づけてしまうズーム機能に慣れてしまうと、構図を考える思考が1方向になりがちになります。
単焦点レンズは動くことで様々な角度や構図を無意識に考えるようになるので、写真が上手になる近道でもあります。
商品撮影の場合は、遠くの風景写真を広角で撮るわけではないので、比較的被写体は撮影者と近い位置にあるため、「自ら近づく撮影」に適しているとも言えます。

4K動画を商品撮影で活かす

動画撮影と商品写真は別のもの・・・
と考えてしまいがちなので、写真としてカメラを使いたいから動画機能は使わないという人も多いと思いますが、4K動画の撮影解像度はすごく大きい!
例えば、4K動画で商品を様々な方向から流し撮りしておいて、後からベストなアングルを1枚の写真(動画の1コマ)として切り出すなんて技も使えます。
ベストショットを撮りにくい子供やペットを4K動画で撮ってベストな1コマを探すみたいな感覚です。

レンズ交換式のアドバンスカメラは現在各メーカー様々なものが出ていますが、カメラ好きの感覚を刺激するf/1.8単焦点の新レンズキットをラインアップの主軸にしているNikon1 J5は注目しておきたいカメラの1つですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション