商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ネット閲覧時の商品写真の色合い表示を伝える方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ネットショップの商品画像の色について
ネットショップを運営されている人にとって、ネット掲載時の商品の色合い表示は、消費者からの返品にも繋がる事項なので、悩みを抱えているケースも多いと思います。
本来、不特定多数のユーザーが、個々に保有している端末からアクセスするネットショップでは、ユーザー環境に依存してしまうため100%正確に伝えるという手段は残念ながらありません。
例えば同じiPhoneの同一機種を使っていても「明るさの設定」や「屋内・屋外」で見ているのか?こうした少しの違いでも色に対する印象は変わってしまいます。

回避法としては「モニター環境によって色合いに誤差が生じる場合がございます」など、商品ページ下部に表記する方法がありますが、今回はもう少し「色合いにを丁寧に伝える方法」をご紹介します。

色合いに影響を与えるのはモニターだけではありません
冒頭からモニターでの色合いの変化について書いていますが、実は商品写真の色合いに影響を与えるのはモニターだけではありません。
例えば正確な色再現ができるモニターであっても「フォトショップ」で画像を開いた時と、ネットを見るためのブラウザ「Internet Explorer」でも見え方は異なります。
つまり商品撮影を行なったスタジオ側が納品した写真をフォトショップで見ていて、納品先のお客様がWindows標準のビューア(画像をWクリックして開くソフト)でも誤差があるということです。

商品画像を見るための条件を提示する

モニター以外でも色合いが変わってしまうのであればお手上げだぁ~!と諦めず対処する方法として、「この環境で見てください」と消費者にサンプルを提示すれば良いのです。
テキスト文字で「モニター環境によって色合いに誤差が生じる場合がございます」よりも説得のある方法となります。
では、下のシャドーテスト画像をご覧下さい。
カラーチャート見本

この画像は適正なモニターで管理したグレーシャドーテストの画像です。
左から右まで9つのブロックに分けてグレー階調を表示しています。
もし、画像内の「MODELCODE」のアルファベット文字が上下2つとも見えなければ、モニターの明るさを調整する必要があります。

モニターの明るさ調整でもアルファベット文字が見えない場合は、フォトショップなどのカラー情報を読み込めるソフトを使ってみてください。
それでも見えない場合は残念ながらお使いのモニター環境では正確な色再現はできないと判断できます。

こうしたシャドーテスト情報の表示を行なうことで、ネットショップ側の問題なのか、消費者のモニター環境の問題なのかが、ある程度正確に判断できます。※
消費者からすれば、グレーシャドーテスト画像で文字が見えていなければ「実際の商品の色あいは違うかも・・?」と想像がつくでしょう。
※モニター設定でコントラストなどをいじってる場合を除く

まとめとなりますが、消費者にとっての指標となるカラー情報を提示する取り組みはネットショップへの信頼性にも繋がりますので、是非グレーシャドウテスト画像を表示利用することをお勧めします。

ご注意頂きたいのは商品撮影を行なうスタジオを見極めることです!
基準となるべき商品写真自体の色合いがおかしい場合は、前提から崩れてしまいますので正確な色再現を求めるのであれば安価な撮影業者に飛びつかないことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション