商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ホワイトバランスは撮影には欠かせない

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。

撮影スタジオの現場では照明セッティングなどが終わると「ホワイトバランス」を取ります。
デジタル一眼を触ったことのある方ならご存知かとは思いますが、商品撮影でいう「ホワイトバランス」とは、どれだけストロボor定常光などの光質の条件が変わっても被写体の本来の色を映し出すための設定となります。

写真作品などの場合は、ホワイトバランスを含めカメラ側の設定によって自分の作品イメージに近いものを探っていきますが、商品撮影で使うホワイトバランスは「忠実な色再現」です。
ざっくり説明してしまうとネット画像の場合、見る人のモニターによって色味は変わってしまいますが、写真のスタート地点でなければならない撮影現場の色が狂ってしまっては何の意味もありません。
正確なホワイトバランスを取るにはホワイトバランスカードなどを使ってカメラ側に「これが正確な色ですよ」と記憶させます。
こんな感じです。(18%グレーを取ってから、カラーパッチを撮ります)
ホワイトバランスの例
写真はx-rite ColorChecker Passport(エックスライト・カラーチェッカーパスポート)を使用しています。
最近ではカメラ側のオートでのホワイトバランス性能も向上はしていますが、マニュアル設定でコントロールすることはプロとして当然です。
こうした工程は単純に写せば良いということではなく、カラーを撮ってモニター上で更に色再現を追い込みます。
「RAW画像で撮ればあとでも編集できるでしょ」と感じる人もいるかもしれませんが、弊社ではリアルタイムで行ないます。
例えば昨日撮った写真の色を思い出す・・経験にもよりますが、人間の感覚に頼るのではなく、現場で出た数値を信じることでより写真の色再現性の精度は向上します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション