商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 写真がおかしい!?フリッカー現象について

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
写真撮影で起こるフリッカー現象
商品撮影をしていて、たまにこんな現象ございませんか?
連続してシャッターを切っていて1枚目と2枚目の「色あいがおかしくなっている?」続けて数枚撮ってみると、また同じように「何かおかしい!?」、カメラの設定自体は変えていないのに枚数を重ねると明らかに色合いが変わってしまう場合は、「フリッカー現象」が影響しているかもしれません。
現在の撮影光源が、「蛍光灯で撮影している場合」はこの現象を疑ってみても良いでしょう。

フリッカー現象とは何か?
蛍光灯は日常目にしているときは「点灯(ずっと光っている)」ように見えますが、実際は「点滅」を繰り返しています。
よく見るケースとして、テレビやパソコンの画面をムービーで撮った時に縞模様や点滅してしまうのもフリッカー現象です。
電源には「ヘルツ」という電気信号の周波数があり、東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツとなっています。
家電用品を購入する際に目に触れる機会もあると思いますが、これが蛍光灯の点滅回数に影響を与えていて、東日本では100回/1秒、西日本では120回/1秒という点滅を繰り返していますが、人間の目には光っている(点灯)という状態に見えています。

写真撮影でなぜフリッカー現象の影響を受けるのか?
デジタル一眼レフカメラの場合、シャッタースピードの設定があります。
例えばシャッタースピードの設定が1/250秒や1/500秒の場合、蛍光灯の点滅の間隔の隙間にシャッターが切れる場合があります。
下の図を見ていただいてどのタイミングでシャッターが下りてしまうのか?をご確認下さい。
フリッカー現象の原因
図のように蛍光灯が光る、消えるの隙間でシャッターが切れたり、また光っている時、消えている時のランダムなタイミングで撮っていると写真の色がおかしくなっていきます。

撮影時のフリッカー現象を防ぐ方法
まず簡単にフリッカー現象を防ぐには「シャッタースピードを遅くする」ことです。
商品撮影の基本マニュアルなどにあるシャッタースピード設定を1/80秒にしましょう!とあるのも蛍光灯下で撮影する人が多いのでフリッカー対策としても有効です。
あとは、LEDに変える、または蛍光灯自体をインバーター仕様のものに変えます。
インバーター使用の蛍光灯は点滅回数が通常のものに比べ圧倒的に多く1/500秒程度のシャッタースピードではフリッカー現象は起きません。
撮影スタジオで使用している「定常光」はこうした撮影に影響しない光源が使われていることがほとんどです。

蛍光灯の光で撮影するときは上記の点を注意しておくと、撮った写真の色あいが変わってカメラの故障かとドキドキすることも無いと思います。
たまに寿命を迎えている蛍光灯がチカチカしているのを見て「フリッカー現象」を思い出しましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション