商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 同じ商品写真を使っても売れないショップ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ネットショップの商品写真
タイトルからして少し奇抜ですが、ネットショップの中には「綺麗な商品写真」を使っても売れないショップは存在します。
単に商品撮影の方法やSEO対策だけの要因だけではなく、「商品写真の見せ方」で失敗している例もあるので、今回は商品ページを作る上で訪問者に与える「印象の違い」について触れていきたいと思います。

商品ページを作成する際、写真に文字などを入れて「見栄え」を良くしたり「商品説明を兼ねた加工」をする場合がありますが、商品写真に文字を入れるときに、とにかく伝えたいことを黒い文字で書き込むだけでは消費者から見ると「画像がうるさく」なり逆効果になる場合があります。
例えば商品画像を見ているつもりが文字が真っ先に視界に入ってきて、伝えるべき商品がスッとイメージできない・・
文章よりも実際の事例をもとに解説いたします(笑)

まずは下の2枚の画像をご覧下さい。
文字色による商品画像の違い
両方共、同じ写真を使用して同じ文章(文字)を打ち込んでいます。
変わっているのは「文字の色」だけです。

左側の画像を見るときに、目を閉じて、パッと画像を見たときに「HEADPHONE」という文字が飛び込んできます。
逆に右側の画像ではモデルの表情やヘッドホンに視線が向かうのを感じて頂けると思います。
同じ写真なのに人間の印象というのは面白いもので、1箇所文字が追加されるだけで別画像にすら見えてきます。

通常、ネットやスマホで閲覧するユーザーは画像を見る時間は一瞬です。
縦スクロールで素早く下まで移動したときに一瞬、目に入るのが「画像」か「文字」か?
その一瞬で、「何を見せるか」を考えることで商品ページの構成は変わります。

上記のサンプル写真を例にとれば、左側の画像では「説明や仕様」を付記すれば伝えたいのは「文字」となり、右側は「商品を見せる」という区別ができます。
商品ページのデザインとは、何が何でも伝えたいことを目立つ文字色で見せれば伝わるということではなく、消費者に「商品イメージを定着させて説明する」画像レイアウトが必要になります。

そうした戦略的なページ構成があって、はじめて消費者は「何か使いやすいショッピングサイト」という印象を無意識に抱きます。
商品写真はあくまでも素材ですので、どう料理するかはショップ経営の肝になるのかもしれません。

どれだけ撮影に費用をかけて綺麗な商品写真を手に入れても最終的なページ構成で「伝わる写真が伝わりにくい写真」にしてしまうこういった、よくあるミスを避けることで、1度自社のネットショップの商品ページを目を閉じてパッと視界に入る画像が何か?を検証してみると新しい発見があるかもしれません。

余談ですが、私がデザインをする上でよくやる手法ですが、フォトショップでデザイン画ができたら、机から2~3mほど離れて遠くから見ます。
それで目立つ画像が伝えたい画像では無い場合は再考しています。

興味がありましたらお試しあれw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション