商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品画像を綺麗にリサイズする方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
画像を綺麗にリサイズする方法
商品撮影で仕上がった写真の処理として、縮小などのリサイズ処理は欠かせないものですが、大きく撮影した写真をグッと縮小すると輪郭などが「ぼやけて」しまって「眠たい印象の写真」になってしまうことがあります。
今回は、綺麗に画像を縮小するリサイズの基本技をご紹介いたします。
使用するソフトはPhotoshopまたはPhotoshop Elementsを使っている人が多いと思いますので、これを前提とします。

まず対象となる画像ファイルをフォトショップで開きます。
続いて上部のメニューから「イメージ」→「画像解像度」を選択して、次の画面を表示させます。
リサイズ画面

画面が表示されたら下部のプルダウンメニューから「バイキュービック自動(縮小に最適)」または「バイキュービック法」を選びます。
最後に縮小サイズを決めて「OK」で終了です!、非常に簡単にです(笑)
これで綺麗な画像の縮小リサイズを行なうことができます。

以前の記事で「レイアウトした画像」に対して縮小をして「シャープ輪郭」で画像を仕上げる調整方法をご紹介しましたが、これは単純にリサイズをかけるものです。
使い方としては、画像のリサイズ処理を自動化して一気に何百枚もリサイズする場合に効果的です。

では実際に1800pxの画像を600pxに縮小リサイズした画像をご覧下さい。
バイキュービック法によるリサイズ

ご覧のように元画像からのシャープ加減などの劣化も目立たない状態で縮小されました。
この「バイキュービック法」は、ぼやけた画像にならない点とギザギザ感も少なく、対象がどのような写真であっても高クオリティな結果が出せるリサイズ法です。
通常フィトショップではリサイズ時のデフォルトに設定されていることが多いので、特に注意する必要はありません。
しかし、滑らかな質感の商品写真の場合、例えばクリームなどを表現する化粧品などの写真をリサイズする際は、「バイキュービック法」ではなく「バイリニア法」が良い結果が出ることもあります。
もう少しアパレル商品に例えて書くと、細かいボーダー柄なども、「バイキュービック法」ではギザギザが目立つこともあるので、「バイリニア法」を使うこともあります。

いずれも実際にリサイズ処理をしてみて、効果的な方を選択することでイメージ通りに仕上げていくと良いでしょう。
基本的に紙媒体への撮影を多く行なっているスタジオではリサイズの精度も高いことが多いです。
もし撮影業者から納品された画像が「何かボヤけている・・」と感じた場合は、業者側にリサイズ処理の精度を上げるように要求しても構いません。

余談となりますが、今回使用したソフトはフォトショップを例にしましたが、「バイキュービック リサイズソフト」などで検索すると無料で使えるソフトもございますので、活用してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション