商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 業界最安値は本当なのか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
最安値は本当ですか
これから新しく商品撮影を依頼しようとしている担当者様にとって料金は安いほうがいい・・
適正価格を謳っている弊社にとって矛盾した話題のようですが、モデルコードが高い!と言っている訳ではなく、誇れる部分が料金しか無い現状の撮影サービスに疑問を感じているということです。

こうした料金の表示競争に加わったとしても弊社が料金を下げれば他社も真似する・・こうしたパターンは滑稽に思うからで「写真屋でしょ!勝負は写真!」これに尽きます。
しかし、ネットでの価格表示の誤解というのは、「業界最安値」と記載されてしまえば信じてしまうクライアントも存在してしまうのも事実。
では、弊社と業界最安値のアノ業者さんと比較して本当に安いのは何かを比較してみました。
比較をする場合に重要なのは「カット単価」まで精査することはもちろんですが、料金内で提供されるサービス内容にも注目することが重要です。
料金比較表
いかがでしょうか?モデルコード・・・最も安い単価になってしまいましたね(笑)
ネット上で出回っている「うちが一番安い撮影ですよ!」なんて謳い文句はバブリーな表現ですよね。
こうした観点から敢えて安売り写真を強調するようなページは作らなかったのです。

単価などより注目して頂きたいのは、アパレル業者さんにとって必須である「商品のシワ伸ばし」などが有料オプションとなっている点です。
我々からすれば、アパレル商材を扱う撮影をするのであれば、当然作業工程に必要な部分ですが、これがなぜオプションなの!?と疑問です。
単価を下げるために重要な工程を省く行為は、写真に対してどのように向き合っている企業かを判断する指標でもあります。

大切にしたいのは、「撮影に対する愛情」です。

これが無ければ“伝える力のある商品撮影”が実現できるとも思えません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション