商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 出張撮影サービスで注意しておくべきポイント

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
出張撮影サービスについて
ネット上で商品撮影サービスを展開している場合、多くは「商品をスタジオに配送して、撮影代行を行なう」という流れになりますが、取り扱う商品の性質や数量などの都合上、カメラマンに出張撮影を依頼するケースもあるかと思います。
アパレル商材でいえば、コーディネート商品が多くランダムに変えたり、撮影場所などが具体的に決まっている場合もあるでしょう。
こうした出張撮影サービスは便利な反面、抑えておきたい注意ポイントがあることも事実です。

撮影サービスを行なうスタジオには当然カメラマンが在籍していますが、「全国出張」と記載されている場合、撮影サービス提供元の規模も考慮することが賢明です。
例えばスタジオ所在地が東京で、「全国どこでも出張します!」と記載があって、依頼元が鹿児島の場合、出張可能エリアではありますが、直接東京から鹿児島にカメラマンが出向くのか?、そこのスタジオの契約カメラマンが出向くのか?によって大きく違いが出る場合があります。

つまり、どれだけ撮影サービスのサイト上で「雰囲気の良いサンプル写真」が公開されていても、実際派遣されるカメラマンが撮ったものではない可能性もあるということです。
最悪の場合は、撮影技術や経験の浅い「アルバイトカメラマン」が来るケースもあります。

単に「アルバイトカメラマン」を否定する訳ではありませんが、依頼主の立場からすれば、「雰囲気の良いサンプル写真」を見てオーダーしたのであれば、写真の仕上がりは同等のレベルを求めているハズです。

時間で拘束費用が決まることの多い出張撮影では、イレギュラーな事が起こった場合に、カメラマンの知識不足から時間と費用がかかってしまうのは最悪のケースですが、カメラマンによる仕上がりの誤差は何も技術や経験だけではありません。
例えばAカメラマンは、撮影機材を多く現場に持ち込み、急なリクエストにも柔軟に対応する。
対してBカメラマンは、機材が少なく対応ができなかった・・しかし料金は同じ・・これでは依頼元は満足できないでしょう。

私自身、15年前からWeb制作に従事しており撮影カメラマンは何人も依頼しましたが、同じ会社に頼んでもカメラマンによって写真が異なることを多く経験してます。
結果、カメラマンを指定して依頼することになります。
アルバイトカメラマンの募集告知を見れば一目瞭然ですが、「時給900円でカメラ・機材(要ストロボ)などをお持ちの方ならOK!」など安易にカメラマンと出張契約しているスタジオはサービスの質に格差が生じることも視野に入れておきましょう。

では、出張撮影を依頼するにはどうしたらいいのか?
商用レベルの写真を出張カメラマンに依頼するのであれば、やはり「地元」から選択することをお勧めします。

出張費用等々については差があるかもしれませんが、地元であれば直接カメラマンと会って検討できるメリットもありますし、アルバイト派遣では無い可能性もグンと上がります。
写真のレベルを統一する・・というよりカメラマンを育てる作業というのも撮影スタジオにとっては時間と手間はかかりますが、そこを飛び越して安易にカメラマンを多数派遣できるシステムがあるということは、依頼者側も企業をしっかり吟味することが大事になっているのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション