商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. デジタル現像とレタッチの違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
RAW現像とレタッチの違いはどこなのか?
デジタル一眼レフで撮影した写真に施す「デジタル現像」と「レタッチ」の違いご存知ですか?
まず「デジタル現像」と呼ばれる処理は「RAWファイル」として撮影されたデータの明るさや色調などの調整を施すことを言います。
よくJPEG画像でデジタル現像を行なう・・・という表現をされる方もいますが、あくまでもデジタル現像とはRAWファイル(カメラの撮像素子が捉えたままの状態)
正確にはこの段階では画像データとは呼べず、RGBの各色を調整してJPEGなどの拡張子になって初めて「画像データ」となります。
「でもネットプリントもできるからRAWも画像データじゃないの?」
ネットプリントなどでRAWを直接プリントするときに対応メーカーが記載されていても、それぞれのメーカーごとに微妙に色合いが変わるため、
プリント注文した段階で必ず画像データとして変換をしているはずです。(各メーカーRAWの拡張子は違います)

ではデジタル現像とレタッチの境界線はどこか?というと最近は難しいですが独自の見解でいきます(笑)
画像データとして処理されたものに手を加えれば、すべて「レタッチ」です。

次の画像を見ていただきましょう。
デジタル現像とレタッチ
左側の写真をRAWファイルからデジタル現像をしたと仮定します。
その後右の写真のように「顔の輪郭を調整する」、「腕を細くする」など明るさや色調には関係の無い部分を触ったらレタッチになります。

例えばJPEG画像の明るさを少し上げただけ・・これもレタッチ、つまりRAWファイルから完成した「画像データ」の処理に対してはすべてレタッチになる訳です。
しかし、この独自の見解でいくとRAWファイルの段階でソバカスを消すなどの処理はどうなるの?という疑問が湧きます。
表現的には「デジタル現像時のレタッチ処理」となるのです・・ややこしい(笑)

こうした言い回しもデジタル現像ができるソフトの機能が向上しているので、RAWファイルの劣化がしない特性を活かして積極的にレタッチができるようになっています。
表現として明確に区分けをするのが難しいですが、RAWファイルのRGBの三原色を決め、明るさや色調を調整する程度が「デジタル現像」、それ以上の手を加えることをレタッチと弊社のスタッフ内では呼んでいます・・他はどうなんでしょうね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション