商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ファインダー視野率を知ってAPS-Cカメラを使う

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
APS-Cサイズのファインダー視野率
最近ではデジタル一眼レフカメラも「フルサイズ機」が主流となってきて、フィルムカメラに親しんでいる人にとってもフルサイズのデジタル一眼レフの保有熱も各所で盛り上がっていますが、今回はフルサイズ機の魅力とか装着レンズはコレ!みたいな王道ネタはまたの機会にということで・・(#^.^#)、今回はAPS-Cです!ニコンでいうDXフォーマットのファインダー視野率についてです。

このタイトルを選んだ理由は、私がフィルムからAPS-Cのデジタル一眼レフを使って最初に戸惑ったことがファインダー視野率だったからです。
先ほどからフルサイズといっていますが、この用語は「35mmフィルム換算そのままですよ」という意味で、見たまま撮れるのがウリ!(それだけじゃない!!と非難覚悟ですが・・)
ちなみに35mmとはフィルムの縦の高さが由来です。(35mmの縦の位置を間違える人が多いのでイラスト付けます)
35mm換算とは
さてさて、「見たまま撮れる」と書きましたが、通常撮影をする時はファインダーを覗いて構図を決めてパシャリ!こんな手順ですが、当然フィルム時代は決めた構図でプリントされてくるのですが、APS-Cのデジタル一眼レフの場合「ファインダー視野率95%(仮)」とかいう問題がありまして、100%じゃない独特の感覚を覚えるのが大変でした。
どういうことかと言いますと、まずはサンプル写真で見てもらった方が早いのでどうぞ・・
ファインダー視野率と実際の写真との違い
左側の写真はカメラを構えてファインダーを覗いて撮りたいと思った構図です。
対して右側が実際に撮影データとして出来上がった写真・・構図が変わって余白が出てますよね(笑)

「ファインダー視野率95%(例)」と仕様に書いてある場合、「今カメラを覗いて見えているのは95%ですよ」という意味です。
つまり完璧に狙った構図をそのままデータとして反映させたいなら残りの5%を心に描いてファインダーを覗こう!ってツラい作業です。

現実問題としてそこまで構図にシビアなケースはほとんど無く、あとでトリミングをすれば済むのですが、撮ってすぐモニターに出す作業をしていると「なんか変な感じ」がします。
人物写真でバストアップで構図を決めてパシャとシャッターを切って出てくる画像が「ゆるい感じのバストアップ写真(笑)」カメラマン泣かせです。
とはいえ当時はデジタル一眼レフカメラの魅力には勝てず、ズームリングを5%調整する感覚を撮って覚えていきました(カメラは限定されますが・・)
APS-Cのカメラを使っている人にはあるあるネタですすが、今ではそうしたAPS-Cのクセも可愛いと思う今日この頃です。
APS-Cもフルサイズもそれぞれ良い所があるので、使い分けるくらいになればもう!あなたはカメラマニアです(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション