商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 簡単にできる撮影ボックス照明の光量調整の仕方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影ボックス照明の光量調節
一般的に市販されている撮影照明機材に「ボックスライト」がありますが、比較的手軽で主流なのはRIFA(リファー)などの蛍光灯のボックス照明、最近ではLEDなどの細かな調光ができるタイプもありますが、価格的には少し高価になってしまいますね。
今回は、「ボックス照明」の調光の仕方ですが、蛍光灯を利用したタイプの照明で不便な点として「光が強い時に調節しにくい!」と感じる人も多いと思います。
単純に考えれば蛍光灯をクルクル回して1つ外せば済みますが、微妙に光量を落とすなど細かい調光をしたいときは、1つ蛍光灯を外すと逆に光量が弱くなってしまったりします。
「カメラ側の設定いじればいいのでは??」との意見も出そうですが、基本的にカメラ設定をマニュアルで攻める時は、絞りやシャッタースピードは決めてる場合が多いので、照明機材側で光量調節したいものです。
そもそもスタジオの照明機材は、人間が決めたカメラ設定に合わせることができるからこそ「照明機材」で、自然光撮影との違いです。
余談はさておき、手軽に安く調光するのであれば「トレーシングペーパー」が役立ちます。
調光もできて尚且つ、光も柔らかくなるので、女性を撮るなら相性の良いグッズです。
トレーシングペーパー
種類も様々ありますが、右の用紙サイズにカットされたものは「照明サイズに合わない」場合でも透明テープで留めて面積を広くすればOKです。
A4程度のサイズでしたら100円ショップでも簡単に手に入ります。
では、どのように光量を調整を行なうのか次のイラストをご覧下さい。
調整方法図解
被写体全体に柔らかい光を回すのであれば、①のセッティングが理想ですが、ボックス照明の特性の指向性を活かしたいのであれば、ボックス面に直接トレーシングペーパーを貼って光量を調整します。
1枚貼ってもまだ光量が強い場合はもう1枚重ねてトレーシングペーパーを貼ります。
注意したいのは、トレーシングペーパーを重ねすぎて蛍光灯を1つ外した状態と変わらないかった・・みたいなミスのないようにw
1枚貼ったら、あとは被写体との距離を少しずつ離したりして調整してもいいかもしれません。

今回ご紹介した撮影ボックス照明の光量調整の方法は、撮影スペースが取れない狭い場所での撮影や光の柔らかさ(陰の出方)を重視したい時に参考にして頂ければ幸いです。
安価に購入できるトレーシングペーパーは、調光以外にも光沢がある商品の写し込み用のグッズとしても使えるので、自社で撮影を行なっている方は持っておくと重宝しますので興味のある方はお試し下さい。

最後に裏技として様々なワット数の蛍光灯を準備して細かく調整するなんて人も昔見た気がしますが・・、そんな時は色温度のバラつきが出ないように同じメーカーで揃えましょうw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション