商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. フォトショップの露光量とトーンカーブの違いを見る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
写真補正での露光量とトーンカーブの違い
画像編集ソフト(Photoshopフォトショップ)で撮影された写真の「明るさの調整」を行なう人も多いと思いますが、簡易的な明るさ調整であればフォトショップのメニューから「イメージ」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」こちらの箇所でも補正は可能ですが、今回は「露光量」と「トーンカーブ」で調整した際の、写真の仕上がりの違いを見ていきましょう。
まず、フォトショップの「露光量」の設定画面はこちらになります。
露光量の設定画面
続いて「トーンカーブ」の設定はこちらです。
トーンカーブの設定画面
この2つの設定画面はそれぞれ形状が異なります。
露光量はスライド式、トーンカーブはグラフ型!?の設定画面です。
設定値の確認
小難しい説明は苦手なので、露光量はカメラで例えると「露出機能」、トーンカーブは「ピクチャーイメージ(スタイル」と言ったところでしょうか・・
では早速、基準となる元画像から、露光量、トーンカーブそれぞれの機能を使って「写真を明るく」してみます。
結果は次のようになります。
露光量とトーンカーブの違いサンプル写真
ご覧頂いて注目して欲しい点は、「露光量」は写真全体がの明るさが上がっています。
対してトーンカーブはバランスを取りながら明るさが変化しています。
そして、背景の薄いブルーや花柄の色が露光量に比べトーンカーブの方が自然に明るさが上がっています。

でも・・モデルの肌の色は「露光量のほうが自然じゃない?」
そう感じた人はもうお気付きかと思いますが、露光量では特定の箇所だけの調整することは難しく、対してトーンカーブは狙った箇所の色の明度やバランスを調整できる点で大きく異なります。
では、トーンカーブの機能をもう少し使って、今度はモデルの肌の色も含めて最終調整した画像です。
完成写真
商品撮影での説明写真を調整する際は、「色合いをキープ」しながら明るくしたり、暗くしたりする方が商品カラーを優先する場面では重宝されます。
JPEG画像として納められた写真はRAW画像に比べて調整幅は限られますが、「どこをどのように調整したいか」によってフォトショップなどの画像編集ソフトでは使用する機能を選ぶことができます。
明暗の調整をする場合は、「商品写真の色合い」に気をつけながら補正をすると綺麗な画像に仕上がることができますのでご参考下さい。
くれぐれもトーンカーブの設定をいじる際は、色だけに集中し過ぎてコントラストが強い「独創的なアート画像!?」にならないように全体のバランスを見ながら調整してみて下さいね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション