商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. Web用の画像解像度とは?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
Web用の画像解像度の勘違い
写真や画像に関する用語でよく耳にする「画像解像度」、カタログなどの紙媒体での写真を依頼する場合に「解像度は350dpiでいいですか?」と聞かれた人もいるのではないでしょうか?
商品撮影を行なっているスタジオも「web用の解像度72dpi、印刷用350dpi」などの表記がされています。

何となく画像解像度は高い方が綺麗!、引き伸ばしたり(拡大)した場合は、画像解像度がないとダメ!・・
こんな言葉の使い方してませんでしょうか?
では実際にWeb用に使う際に、画像解像度の違いが出るのか検証してみましょう。
dpiを変えた画像解像度の違い
まずは、全く同じ画像を72dpi、350dpiで書き出してあります。
比較してみても何の違いもありません。

では、写真の1箇所をグンと拡大したら画像解像度の違いで、「ぼやけ方」に違いが絶対出るハズ!!
拡大した時の画像解像度の違い
いかがでしょう?まったく変化がありませんよね(笑)
ではなぜ、web用と印刷用とで解像度の区別が必要なのでしょうか?

難しい解説は抜きにしますが、もともとweb用と印刷用では解像度の認識が違うと理解して下さい。
webは(dot by dot)ドットバイドット、印刷はdots per inch(ドットパーインチ)・・ややこしいですねw

簡単に説明するとWebの場合は「画像のサイズしかみていない」と考えちゃってOK!
ですので、上記検証画像のように解像度が高い、低い関わらず、拡大すれば同じようにボケます。
極端な話ですが、Web用であれば画像解像度は「1dpi」というふざけた数字でも下記のような画像になります。
解像度の最小値サンプル
お分かりですね(笑)

サイト用で使う画像を「高解像度で下さい!」と表現する方がいますが、それは間違いで、「大きなサイズで下さい」が正しい言い方です。
また「ブログの私の写真の解像度が悪くて・・」なんてのも言い間違い・・引き伸ばしたサイズでおかしい画像なのです(笑)

但し印刷用の場合は、解像度に関する決まり毎が適用される部分ですので、dpi数値が高ければ、高解像度となります。
正確には、引き伸ばしても解像度が良いということですが・・・

ここの話題はまた別の機会にでも記載します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション