商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影をする時のカメラの仕上がり設定はどうする?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影での仕上がり設定
デジタル一眼レフカメラで商品撮影をしている場合、RAWまたはJPEGいずれかで撮影をしていると思いますが、先日こんな質問を頂きました。
「RAWで撮影して、Lightroom(画像編集・管理)ソフトで見ると写真の色がおかしい・・」
こうした場合、真っ先に思い浮かぶのは「カメラ側の仕上がり設定」です。
最近のデジタル一眼レフカメラは非常にありがたい機能として「カメラで明るさや彩度、色相など」自分好みの写真に仕上げてくれる機能があります。
こちらがニコン・キャノンそれぞれの仕上がり設定画面です。
仕上がり設定画面
ピクチャーコントロール(NIKON)、ピクチャースタイル(CANON)それぞれ呼び方が違うようです。

この仕上がり設定を変更すると、屋外で晴天の青空と山などの風景を撮ったときに「空と山との明暗の差」を調整して、鮮やかな青空で山は荘厳にするようなことを自動でやってくれるウレシイ機能です。
使い方によっては写真を印象的に見せることができるこの仕上がり設定ですが、商品撮影のような「色を正確に出す場合」は注意が必要です。
では実際「ニュートラル」と「ビビッド」それぞれの仕上がり設定でどれくらい色合いに違いが出るか写真をご覧下さい。
設定による色合いの違い
左の「ニュートラルの写真」は見た目の色に近い状態で、右側の「ビビッドの写真」ではデニム生地の青味が増して、かなり脚色された状態になります。
一見すると、ビビッドの方が綺麗に感じてしまいますが、商品を購入した人にとっては色が違うと商品写真としては親切ではありません。
「撮影を楽しむ」・「作品的な写真」といった点では、この仕上がり設定に正解はありませんが、後からサードパーティ製のソフトで編集する場合は、こうしたカメラ個別の仕上がり設定は破棄されることが多いので、レンズも同メーカーを装着した商品撮影では基本的に「ニュートラル」や「スタンダード」を選択し、その他の詳細の設定はデフォルト値にしておく方が無難です。
こうして撮影した写真を純正ソフトとLightroomなどのサードパーティ製のソフトで表示して比較し、「ソフトのクセ」を把握しておけば、「使用ソフトに合わせてカメラ側の仕上がり設定行なう」なんて逆引き的な仕上がり設定をしてみてもいいかもしれませんね。

どうしても見栄えが良い写真も欲しいという場合は、カメラ側でRAW画像とJPEG画像を同時記録しておいて、仕上がり設定で「いい感じの写真」と編集用にRAW画像をキープしておくとデジタル現像の上達にも役立ちます。
まずはお持ちのカメラの仕上がり設定を色々試してみて、撮影目的に合った方法を見つけてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション