商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影の三脚選びは目的が分かれば簡単です

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影で必要な三脚とは
商品を撮影台にのせて「物撮り」を行なっているショップも多いとは思いますが、カメラを固定する三脚、どのようなタイプのものを使っていますか?
旅行のときに三脚を持って歩く人はそんなにいないと思いますがw、商品撮影のときは持っていると便利な機材が三脚です。
価格帯もピンきりで「安いものでいい」という記事もよく目にしますが、三脚はバリエーションも多く目的別で選ぶのがベストです。
三脚選びのポイント
三脚は値段で選ぶ前にまず使用する場所や目的を決めてからそのジャンルで価格を検討すると迷わないと思います。
まず、三脚の目的は「カメラを安定させる」これは絶対ですので、私の場合は「できるだけ重いもの」を選びます。
持ち運びが便利な軽量タイプのものもありますが、「スタジオ使用目的で外へは持ち運ばないので安定感を最優先」します。
あとは実際に撮影するカメラポジション(撮影するときの姿勢)つまり高さを検討します。
これは三脚の高さがあればいいという事ではなく、「撮影する高さに三脚を伸ばした時ときに一番安定する」ものかどうかが重要です。
商品によっては高さはOKでも、三脚の「脚の部分」が細くてガタガタするようなら三脚の本来の意味がありません。

少し三脚を伸ばす時の使用方法についてですが、三脚は高くするために構造的に3段階くらい脚を伸ばすことができますが、たまに「細い方から伸ばす」方がいます。
どんな三脚でも脚が細い部分が一番不安定ですので、「太い脚から伸ばす」ようにして下さい。
購入予定の三脚が太い方から2段階分で高さが合うようなら、3段階いっぱいに伸ばして高さが合うタイプより安定します。
これも三脚自体の重量によりますが・・

簡単に三脚選びについて記載しましたが、商品撮影で大事な三脚選びのポイントはこんなところです。
アルミやカーボンなどの材質や折り畳んだ時の寸法など、何かと個性的な考えがある「三脚選び」ですがw、価格の違いは材質や機能だけです。
しかし、使用目的が限られる場合は「カメラが安定する」ことを優先すれば価格や機能に迷わされずに済みます。

スタジオが使っている三脚でよく見られるのが、使い込んでいる太くて重い金属製のものは「安定するから」これに尽きます。
もし、撮影していてカメラポジション(アングル)を頻繁に変えるようなら「自由雲台」で機能性を上げれば良いと思います。
今の三脚は昔と比べて安価なものでも優秀にできているので、中級機程度の一眼レフカメラであれば、十分固定&安定します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション