商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 人物写真を上手く撮る方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
人物撮影の上達法
写真を簡単に上手に撮る方法はないか?
そんなブログやページを読んでいる人も多いと思いますが、自論ですが「そんな都合の良い話はない」と考えています(笑)
確かに写真撮影に関するテクニック的なことは本や動画などで学べるかもしれませんが、技術的なことの先に「いい写真」があると思っています。

人物写真を撮る際に、高価なカメラを持っている素人さんに多いのが「下手なことを認めない」無意味なプライドがあったりすると撮る前の段階で7割以上失敗しています。
「僕カメラ始めたばかりだから失敗したら笑ってね♪」とモデルに一声掛ければどれだけ現場が和むのか?を考えればつまらないプライドは必要ないことが理解できるはずです。
少しおバカな小技ですが、緊張しているモデルを撮る1枚目で、意図的にカメラのレンズキャップつけたまま撮ったりするボケをしますw
こうして「緊張しているのはお互い様ですよアピール」をしたりしますが、人物を撮るということは「常に感情がある」ので共感や共有する姿勢を示すことを最優先すれば技術的なことを除いて「良い写真」になります。つまり「あなたらしい写真」です。

「屋外で正午に順光の場合はこうですよ」とシャッタースピードや絞りなどを教えられても写真撮影が上手になることなんてありませんし、そんなカメラの設定値のことばかりを気にしていたら被写体となる人物が置き去りにされてしまいます。

カメラのオート設定でバンバン撮影すればいい

一眼レフカメラを買ったから「マニュアル」で撮ってやる!と意気込んでも失敗するだけなので、感覚が身に付くまでは「オート機能」をフル活用すればいいと思います。
そうしたカメラ任せで撮っていくことで、「撮影のテンポ」や「被写体に集中」することができますので雑念が入りません。
しかし、重要なのは「必ず写真を見直す」ことです。
デジタル写真では必ずシャッタースピードや絞り値などはデータとして記憶されているはずなので、「この時はどの設定になっているのか」をしっかりと撮影後に見直すことで、カメラ側の設定感覚!?を養うには非常に役立ちます。
こうした撮影情報を地道に検証していくことで、自分が普段良く使うレンズ焦点距離も把握できますし、オートでは気に入らない自分好みの写真が見えてきます。

人物撮影では色々な「知識の引き出し」を持っていたほうが良いと言われますが、そんな都市伝説があるから感情より知識が先行してしまい、シャッターチャンスを逃すのです。
上手く撮る方法は「撮って身に付くことがすべて」で、机上の勉強は「あの時なぜこんな写真になったのか?」と疑問が湧いた時に初めて学べばいいのです。
「仕事で撮るから失敗したくない!」こうした気持ちも分かりますが、失敗しないで上手く撮れる方法があるならば世の中みんなプロカメラマンです(笑)
写真は真実しか写さないのであれば、どれだけ知識で固めても経験の少ないカメラマンが撮った写真は必ずボロが出ます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション