商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 白トビ写真の考え方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
白とび写真とは
写真撮影で「写真が白とびしている」という「白とび」とは、光が強くなっている部分が極端に露出オーバーとなって真っ白に見えることを指します。
しかし、撮影スタジオが使うこの言葉の意味と一般の方が使う意味には多少誤差があるケースがあります。
一般の方が感じる「白とび」とは人間の視覚に任せた「真っ白に色が飛んでいる状態」で、見る人の感覚、またはモニター画面の明るさ設定を上げたまま画像を判断するなど、曖昧な判断をしてしまうことがります。
逆に撮影スタジオが使う「白とび」はヒストグラムやモニターの表示設定で機械的に見ての判断です。
次の画像をご覧下さい。
白とび写真の比較
左側が露出OK(白とびしていない状態)で、右側が露出オーバー(白とび)の写真です。
さらに右側の白とび箇所を赤色で表示させてみます。
白部分を強調した写真
このように白とび箇所を判定できますが、もし最初の「白とびしていない画像」が飛んでいるように見えるようならモニターや端末の明るさ設定などを確認してみて下さい。
ここまでは、感覚と数値による白とびの判断ですが、こうした「白とび」は、商品撮影では「悪いこと」のように紹介されることが多いですが、写真全体からみると「風合い」とか「雰囲気のある写真」だったりします。

商品写真は適正な露出でなければならないという規則はなく、「説明用かイメージ用のどちらの目的か?」によって露出を判断したりすることもあります。
大事なことは意図して「白とび」にしたか否かで、適正露出を狙ったのに白く飛んでしまった場合はNG、意図した通りのとび具合ならOK・・
写真はつくづく主観によるものだと感がえさせられる場面ですね。

商品撮影を判断する上での「白とび写真」は、依頼主や撮影者の考えによって作られるものですので、適正露出を狙った説明画像で飛んでしまっている場合は・・
スタジオ側としっかりお話しましょうw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション