商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 被写界深度(ひしゃかいしんど)とは?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ボケ味のある写真・・というと写真の表現としてよく使われる言葉ですがこうした写真の雰囲気を決める要素は「被写界深度(ひしゃかいしんど)」で、商品のイメージ撮影においてカメラマンの個性が出る部分です。
では被写界深度とは何かというと「ピントの合っている距離の範囲」のことを指します。

少し分かりづらいので被写界深度については次の写真を見ていただくと分かりやすいと思います。
被写界深度のサンプル写真
左側の写真はピントが全体的に合っているのに対して、右側はピントがあっている範囲は一部分です。
こうしてピントが合っている範囲が狭くなれば写真の中で「ボケた部分」が多くなり、逆にピントの合っている範囲が大きくなると「ハッキリした部分」が大きくなります。

こうした原理を利用してカメラマンはイメージ性のある商品撮影を行う場合、レンズやF値などを考慮して被写界深度をコントロールしています。

では「人物撮影の被写界深度はどう考えたらいいのか?」

基本的な原理は同じですので、人物(商品)全体をしっかり写したいので「被写界深度は深く(F値を高く)」すると考えがちですが、被写界深度を理解する上で重要なのは「ピントの合っている距離の範囲」です。
そもそも白背景ペーパーを使うのであれば、人物と背景との距離があっても関係ないのですが、壁紙などを背景にした場合、主役をしっかり写したいことばかりに気を取られて被写界深度を深くすれば人物も背景もクッキリ写ってしまい「趣のあるボケ味」は無くなっていきます。
ここで考えるのが「ピントの合っている距離の範囲」なので、ボケ味を活かした写真を撮るなら人物はハッキリ!、背景はボケる!被写界深度を探すことになります。
どこまで「背景をボカすか?」が「個性」となります。

カメラの設定にはこうした被写界深度を簡単にコントールできるように「絞り優先モード」がありますので、実際に撮影してみて被写界深度による「ボケ感の違い」を感じながら写真の仕上がりを楽しむこともできます。

商品撮影においての被写界深度の調整は「商品を引き出して余分なものはボカしていく効果」があるので、パッと商品写真を見たときに「主役はコレ!」と伝える効果を出したい時に非常に役立ちます。
こうした被写界深度の効果は使用するレンズによっても変わりますが、もし同じ絞り(F値)で被写界深度だけを変えたいのであれば、主役と背景との距離を大きく(離す)してボケ具合を調整することもできます。

よくボケ味だけを追求するあまりカメラの設定をコロコロ変える人もいますが、屋外などで人物撮影をする場合は、「背景との距離感」を意識するだけで雰囲気の違う撮影ができますので、被写界深度の前提は「ピントの合っている距離の範囲」だと考えましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション