商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. プロの写真にはできないこと

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ネットショップの活用例
商品撮影を依頼するネットショップは、消費者へ「伝える写真」を主眼にあれこれと思案していますが、最近ふと疑問に思うことがあります。

「なぜプロの写真だけで商品を伝えようとしているのか?」

商品撮影を頼んでるんだから綺麗な写真が必要なのはわかりますが、「プロにはできなくて、プロよりリアルに消費者に伝える事ができるページ・・」こんなことを考えたことはありませんか?
楽天やYahooショッピングのネットショップを見ていると、たまに商品ページの下部に「スタッフが着てみました」など商品への補足説明として書き込みを行なっているショップを目にした時に、「もっと活用すればいいのに・・」と感じました。
補足として「Aさん身長156cmが着てみたらこんな感じ」と説明があるだけベターですが、「活字だけではリアル感が無い」ことや「商品ページに書いてしまっているのでコンテンツとしては1ページ」で終了してしまっているのです。
これでは個別の商品ページを見た人しか情報が見れませんし、写真がなければ身長や体型が書かれていても、いまいちリアル感に欠けます。

ネットでは「そのサイト(ネットショップ)の滞在時間」というものがあります。
実店舗で例えるなら「お客さんが入店→商品を見る→退店するまでの時間」、当然ですが少しでも長い時間、店内に居てもらうことで商品を多く見てもらえるし、説明もできます。
多くのネットショップで残念な点は、商品だけにしか興味を惹くコンテンツが無く、これでは「滞在時間」が少なくなるのは当然です。
では、話を戻して「プロの写真にはできないこと」ですが、私がネットショップ運営者ならプロへの商品撮影は通常の商品販売ページで使って、「スタッフ着用レポートとして特集ページ」としてスマホなどで撮ったスナップ写真などを掲載した新たなコンテンツを追加します。

商品特集ページ構成例
内容としては、フェイスブックなどのSNSの「雑記」のような記事イメージを保ちつつ、販売目的のコンテンツであるように考慮します。
例えば「売れ筋のカラーやこだわっている点やコーディネート案など」商品に対する思い入れを綴れば、リアル感が増して消費者との距離を縮めることができないでしょうか?
消費者側から見ても「この品番の商品はオススメなんだ!」とすぐに理解できるでしょうし、「読む商品紹介ページ」ができることで滞在時間を増えるでしょう。

実店舗で行なうような接客を「ページ化」することがポイントです。
プロが行なう商品撮影は基準となる商品画像としては役立ちますが、店側のリアルな声の代弁者にはならないケースもあります。
販売に至る消費者行動には「買いたい動機と後押し」が必要ですので、どちらかが欠けていても売上げは向上しません。
海外でのアパレルバイヤーがTumblr(タンブラー)などのSNS発信に注目が集まっているのも商品を紹介している人の説得力です。
流れ作業でネットショップを構成するのではなく、実店舗に招き入れるように自社のショップページを考えれば自然と見えてくる集客術はあるものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション