商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. HDRトーンでコントラストのある写真を演出

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品写真をHDRトーンで加工する方法
商品写真にHDR処理??というとあまり聞きなれない方も多いと思います。
フォトショップなどのソフトを所有している人ですと、写真の加工というと「トーンカーブ」を使った技法や彩度や明るさ機能を使う傾向があり、あまりHDRトーンを使うなんてことはありませんよね(笑)
では「HDRトーン」が何かというと、本来は黒く潰れた箇所がある写真と白く飛んでしまった写真などを合成して適切な色にする・・分かりにくい・・・
もっと簡単に言えば、外でスマホで人物に撮る前に「ポン」と人物に露出を合わせますね、でも人物に露出を合わせると風景(背景)は暗くなったりしちゃいます。
それを人物もいい感じ♪、背景もいい感じ♪の明るさで合成して1枚の写真にしちゃうのがHDR合成処理・・強引ですがそう考えてみてください。
「HDRトーン」は1枚の写真でも明暗をクッキリさせたり、はたまた人物撮影の写真では不思議な効果を生み出します(人物編は後日)
細かいことはこの辺にしてまずは、何も処理していない写真をご覧下さい。
処理前の写真
そこそこ綺麗な写真ですが、花びらの発色や背景の明暗などを調整したらもっと迫力があるような・・
そこでHDRトーンの登場です!
この写真を使ってプリセット機能の「フォトリアリスティク」を選んでみます。
HDRプリセット写真
かなりメリハリのあう色彩になってきましたが、花の中心の暗さがもう少し欲しい・・
では、初期設定に戻して、各所HDRトーンをオリジナルで触ってみます。
HDRオリジナル加工した写真
最初の写真から比べると「赤や黄色の部分はより深みのある色合いに」、背景の露出も少し下げてより花の色彩が際立つようにしています。
うん、いい感じみたいな感じ(笑)

1枚の写真からHDRトーンを使って画像加工をする場合は、設定値を上げすぎたり下げすぎたりすると、極端に色合いなどが変化してしてしまうので、まずはサンプル写真などを用意して、どこの箇所を触ると、写真のどこの箇所が変化するのかを確認しながら本番用の画像の処理をすることをお勧めします。

最近のスマホのアプリでは撮った写真にHDR処理を行なう機能を持ったものもありますが、フォトショップではより細かい設定ができますので、あからさまに加工した写真にならない自然な仕上がり、且つダイナミックな写真にすることが出来ますので、コントラストや色彩豊かな商品写真の処理方法として覚えておくと、ショップのバナー画像などでインパクトを出すなど効果的に活用できそうですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション