商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影でケルビン値がカメラの説明書と違う理由

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影とケルビン値について
商品撮影をした写真をデジタル現像を行なう際に写真加工ソフトで「ホワイトバランス」の項目で数値をいじる人もいると思いますが、以前、素朴な疑問で「色温度」と「ケルビンの数値」の関係性がおかしい・・と言う人がいました。
詳しく聞くと、「一般的に色温度と言われている数値を写真ソフトで入力すると逆の色合いになる」という。
そう言われて普段さほど気にしていなかったが、勘違いしやすい項目なのでメモ書き程度に記載しておきます。
まずはカメラの取扱説明書などの記載してある色温度(ホワイトバランスモード)のチャートを見てみましょう。
カメラの取扱説明書に書かれている色温度
ご覧の通り、「ケルビンの数値」が高くなれば青味が強くなり、低くなれば赤味(オレンジ)っぽくなると示しています。
これを見て実際の写真をソフト上で現像しようとするとこうなります。
写真加工ソフトで色温度を変える
あらら?
「ケルビンの数値」が下がると青っぽくなって、上げると赤っぽくなってる!!
説明書と違う!写真ソフトが壊れているのでしょうか??
大丈夫です(笑)、何も問題はありません。
色温度とホワイトバランスはそもそも混同しがちです。

商品撮影で写真を撮る際は、通常その撮影環境の「光の質や量」に合わせてホワイトバランス(適正な色)を取ります。
つまり上記の写真では基準値「5300K」が現場の照明に合った色とします。
これを4300Kに下げると青くなる・・この場合写真加工ソフトはこう判断します。

「撮られた状況が赤っぽい光だから、本当の色を出すために青いフィルターをかけなくちゃ!」

こうして基準の写真が青くなる、逆も同じことです。
もう少し付け加えるとオレンジの光を放つ「タングステンライト」のもとで、「見たままに撮れば人物の肌はオレンジっぽい色をしています」
ではこの状況で、蛍光灯で撮ったようにするにはどうするか?光はタングステンのままです。
答えは「タングステンにブルーフィルターを被せてオレンジ色を打ち消します」
書き方が写真屋っぽくて少し自分でも嫌ですが(笑)、裸電球にカラーフィルターを被せて好きな色にするようなものです。

これと同じようなことを写真加工ソフトの「ホワイトバランス調整」で行なっているだけです。
そもそも「色温度とは」光が持つ色合いを「絶対温度としてケルビン(K)数値で示したもの」です。

カメラの取扱い説明書に記載されているのは絶対温度ですので、この絶対温度を基準に「どのフィルターをかけますか?」という項目がホワイトバランスの機能です。
あくまでも「色温度による発色の違いをコントロールする役割」ですので、適正にホワイトバランスを取って撮影した写真を基準にすれば、ケルビン値を2000Kと入力すると青いフィルターを、6000Kと入力するれば赤いフィルターをかけなさいと命令しているのです。
結果、適正な色からホワイトバランスを大きく数値をいじると、「色温度(絶対温度)」と逆の印象になるということ。
普段気にせず触っている箇所ですが、解説すると非常に長く、回りくどい感じなってしまいますね(笑)

商品撮影を自社で行なっている方は少しこうした色温度のことを考えてみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション