商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影した写真に背景パターンを加えてみる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
背景パターンの素材サイト

商品撮影した写真を使用して商品ページに少しアレンジを加えてみたい!という場合に、「背景パターン素材」などで装飾を施すと趣が変わったページになります。
上記のサイトは使える背景パターン素材が簡単に素早く見つけることができますので、参考にしてみて下さい。

背景を装飾した写真の見せ方はショップのイメージなどによって素材を上手く選んでいくのですが、デザイン上のポイントとしては、「商品写真を犠牲にしない程度」にしておくと、購買層を限定させないような商品ページ作りが可能です(逆に個性を出したいなら奇抜な背景パターンで飾ってみるのも面白いかもしれませんね)

また商品ページの作成をしている人が男性or女性かによってデザインも変わってくるので面白いです。
男性の私から言わせて頂けば、女性ファッション雑誌を見ていて感心するのは、「色の構成へのチャレンジ」ですw
例えばピンクの背景にピンクの文字・・感覚からして何が書いてあるか見にくいと思っても、逆にそれが届く人には届く。

サイトデザインや商品ページは「見やすくする!」というのはデザインの常識からすればそうですが、ある程度のゴチャゴチャ感(もちろん意図的に)は、消費者の購買意欲を刺激する場合もあります。
とはいえ、扱っている商材、ターゲット層などをしっかり検討して制作すことが大事です。

ショップを初めて開店して楽天のRMSなどで「デザインどうしよう・・?」と悩む場合に「写真が出来てから決めよう」とするケースもありますが、私事ですが「写真は無くてもサイトは作れます」画像は仮当てのもので構成していき、商品写真がなくても成立する手前まで作っていきます。
そうして完成したショップサイトのデザインイメージに合わせたモデルや商品撮影サービス業者を選ぶことで、「デザインと写真が上手く馴染む」ハズです。
これが逆だとモデルや写真に影響されすぎて、本来の「ショップイメージ」が変わってしまうこともあるので注意が必要です。

大幅に話がズレてしまいましたが(笑)、背景パターンを使った参考画像を作ってみました。
商品写真を背景パターンで装飾した例
ザックリ過ぎてすいませんが、シンプルに写真を並べてみてもOK,こうした少しアレンジを加えてみても印象が変わると思います。
「Subtle Patterns」にはネットショップのジャンルに合わせた様々な背景パターンが豊富にありますので、デザインを意識した商品撮影もたまには良いものです。

あ、この参考画像の商品は売ってませんw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション