商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影写真をLightroomを使って簡単に肌補正をするテクニック

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
Lightroomを使った撮影写真の補正テクニック
今回は「Lightroom」の基本的な機能を使って、簡単に画像を補正する方法を記載していきます。
というのも、撮影をさせて頂いているお客様から「肌の補正って難しい?」とのご質問を頂いたので、手軽な方法をご紹介します。
自社のスタッフを起用した写真の場合、どうしてもモデルとは異なり肌コンディションも気になる所・・
そんな時はお試し下さいね。

では今回使用する元画像をご覧ください。
補正前の写真
メイクイメージの素材ですが、写真左側の「ファンデのヨレ」や少しシミもあるので、こういった箇所をサッと補正していきます。
使用するソフトはアドビの「Lightroom」でバージョンは特に最新のものである必要はありません。
はじめに今回使用するソフト内のツール(パネル)を見ていきます。

補正に使用するツール
上部メニューから「現像」をクリックすると、画面右側に今回使用する「補正ブラシ」が格納されているパネルがあります。
「補正ブラシアイコン」をクリックすると「設定項目」が表示されますので黄色の枠で囲った数値を設定していきます。

では早速、「補正ブラシ」クリックして画像の顔全体を塗っていきましょう。

ステップ1:顔全体を補正する
大まかに顔全体が選択されるように塗り終わったら、「設定項目」を変更していきます。
今回は「肌補正」ですのでシミ・そばかすをボカすために「明瞭度」・「シャープ」を下げてファンデーションのノリを良くした印象にしていきます。
その他の項目も変更していますが、実際使用する画像で効果を確認しながら適宜変えていきましょう。

ステップ2:部分的にさらに補正を加える
次に「全体のボカし」が終わったら、今度は顔半分の毛穴が目立つ箇所を重点的に補正していきます。
手順は同じですが、パーツを捉えるイメージで塗っていきます。
同様に設定項目として「明瞭度」・「シャープ」を中心に変更を加えます。

この段階でほぼ「肌の質感」は補正できていますが、全体に平面的になりますので、更に鼻筋にハイライトを入れて立体感を出します。

ステップ3:最終仕上げの補正
同様に「補正ブラシ」を新規に追加して、今度は鼻筋を描くように塗っていきます。
塗り終わったら「設定項目」にて、「ハイライト」・「露光量」を上げて明暗差が出るように調整します。

はい、これで肌補正は完了です。
このステップまでで慣れてくれば30秒ほどで完了するはずです。
実際にどれくらい変わったのか元画像と比較してみましょう。

補正処理の完成画像
いかがでしょうか?
肌の質感も滑らかになって、艶も出た印象になっていると思います。
今回「補正ブラシ」を使った理由は「必要な箇所だけ狙い撃ち」ができる点です。
Lightroomには「ノイズ軽減」などで肌の質感を変えることもできますが、全体的に効果が出てしまうのでTPOに応じて使い分けたいものです。
このソフト使うと「フォトショップを使うまでではない補正」も手軽に行なえます。
何よりも写真に特化したソフトなので、「補正前後」を素早く確認しながら作業できる点も好感が持てます。

最後に「補正」についてのポイントですが、「やり過ぎない」これは大事です(笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション