商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影写真のヒストグラム表示を理解する

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影写真のヒストグラム表示を理解する
自社で商品撮影を行っている方にとって、「写真の白飛びや黒潰れ」というのを何で判断していますでしょうか?
目視で写真を見た時にコントラスト差などは分かるから大丈夫!
でも、もしもその目視しているモニターが画面の明るさの自動調整などで適切な判断ができない状況だったら「大丈夫」と言い切れるでしょうか?
今回は、そんな状況下で「写真そのもの(目視だけ)」で判断するのではなくヒストグラム表示を確認しながら撮影写真を判断するポイントを見ていきます。

まずは、露出計で「適性露出」を出して撮影した写真とヒストグラム表示を確認してみましょう。

適正露出のヒストグラム
ヒストグラム上ではグラフ表示された「山」がありますが、「白飛び・黒潰れ」を判断するにはグラフの左右両端を確認します。
左側は「真っ黒の部分」、正確には純黒を表示しています。
大して右側は「真っ白(純白)を表示していますので、赤枠で囲った部分にグラフピークがきていれば写真上に「白飛び・黒潰れ」が生じている箇所があると判断できます。
上記の写真は左右の赤枠部分いずれもグラフピークはなく「適正」と呼べます。


では、次に「白飛び」が生じたヒストグラムを見てみましょう。

白飛び写真のヒストグラム
純白を示す右側部分グラフピークがきており、「白飛び」により色彩が失われている箇所があることを示しています。
参考写真のカラーチャートでも「淡い白やグレー」のマスの色の違いが認識できなくなっているのが分かります。
商品撮影の場合、こうした状況だと「色の再現性」という点で消費者に正確な商品カラーが伝わらない写真になりますので注意が必要です。

次に「黒潰れ」が生じた写真のヒストグラムを見てみましょう。

黒潰れのヒストグラム
真っ黒を示す左側部分にグラフピークが集中して「黒潰れ」が生じている箇所があることが分かります。
カラーチャート上では「黒の種類」の識別が難しくなり、どんなブラック?チャコールの濃さ?など商品撮影での色表現に影響してきます。

この他にもヒストグラム表示では「コントラストの強弱」や「写真の全体的な色の分布」なども目安として視覚的に理解することができます。
ここで疑問なのは「白飛び・黒潰れはダメ写真なのか?」というと、決してそうではありません。

商品撮影の場合でも「背景を完全に白で飛ばす」というケースもございますし、ロウソク1灯で雰囲気を出す撮影もあるでしょう。
その時は当然、ヒストグラムは左右両端にグラフピークを表示します。
撮影した写真のヒストグラム表示を見るポイントは「何を引き立たせるか?」の情報を読み取ることです。
白飛びしてしまっては困るもの、黒潰れは避けたいなど、まずは両端2箇所を気にしておくことで、撮影状況によってどのようにヒストグラムが変化するのか観察することが大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション