商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 動画編集ソフトはAdobeかAppleか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
映像・動画編集ソフトの選び方
さて今回は動画編集ソフトの2巨塔(個人の見解ですw)であるAdobe Premiere ProとFinal Cut Pro X どちらが使いやすいのか?
先に結論を言ってしまうと私の場合WinもMacも長年業務で使っているのでいずれのソフトも問題なく触れ・使用上特に両ソフト共に文句はございません。
これを前提に「あえて粗を探せばどうなのか?」を参考にして読んで頂ければ幸いです。

映像分野で業界標準ソフトとなっているのは「Adobe Premiere Pro」となります。
今後本格的に映像を編集する、また業者間で動画編集ファイルなどをやり取りする予定があるのでしたら、この1択になると思います。
Adobe Premiere Proの場合は「アップデート」や「新機能追加」という点において、新機能を使う?使わない?は別として開発が止まるということは現段階では考えにくいのもメリットです。

対してAppleのFinal Cut Pro X は、最近のAppleの印象からするとAdobeと仲良しなのでw、Final Cut Pro X自体の開発を今後続けてくれるのか?という不安もあります。
しかし、Macを持っていて動画編集をしようとした場合、どんな動画ファイルでもバンバン取り込み編集するにはAdobeより若干キモになる動作が軽快な印象があります。
※Macのスペックを全部盛りした状況下です。
Mac使いで、初めて映像編集を行う人なら直感的に操作が分かりやすいFinal Cut Pro X をオススメします。
追記すると「Motion」の扱い易さはAffterEffectより触りやすかもしれません。

なるべく専門用語が出ないように書いておりますので、表現しにくいですが「MacならFinal Cut Pro X !・・でもPremiereもあるよ」、「WindowsベースならAdobe Premiere Pro」という感じで選択するのが適当かもしれません。

あとは価格の面でも大きな違いがあり、Adobe製品は「定額制」で、Appleは「買取制」です。
両方使っている立場からすると、4K以上の動画編集が今後必須となったタイミングでPremiere Proに完全移行して、Final Cut Proはその時のアップルの対応次第かな?と感じています。

現在編集しているMacでFinal Cut Pro Xの動作は快調ですが、MacのOSがバージョンアップするに従ってソフト面もキチンとサポートしてくれるのかが見極め時期かなと・・
細かな点を除けば両ソフトともに動画編集という流れ自体に大差はありませんが、「本格的」となった時にAdobe Premiere Proに傾くと思います。
「本格的とは?」例えばカラーグレーディングを詰めるなど、Adobe関連製品との連携をバンバンするということであればAdobe Premiere Proしかありません。
その他、実用上使う動画編集ソフトもありますが、業者以外使う必要はないソフトですので割愛します。

おまけですが、Macをお使いの方で動画編集をこれからチャレンジしたい!という人は「iMovie」から始めても良いでしょう。
ネットで調べると「酷評」も多いですが、基本的な映像編集であれば十分優秀なソフトですし、何より無料です。
編集ソフトも「高機能だから良い」という訳ではなく、「必要な機能が付いておいくら?」と選択していく方が賢明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション