商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. その後、iPad Proを撮影現場で使っているのか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
iPad Proを撮影現場で使っているの?
Appleの新製品発表の時に「iPad Pro」をベタ褒めした私ですが、撮影現場で使っているかと聞かれますと・・・
「まだ、買っていない」
という何とも踏ん切りの悪いご報告になってしまいます。

確かに発表段階では「欲しい!」と思い、早く早くとテンションが上がっていましたが、発表から発売まで約2ヶ月ありましたので、その間にMicrosoftをはじめ、魅力的な機種が発表されたのが「iPad Pro」への情熱を削がれた原因でもあります。
ん~昔のパターンならどれだけ他社が似たような新製品を発表してきても「ブレないアップル愛」がありましたが、今は倦怠期です(笑)

とはいえ3DtouchやA9チップの実力を試してみたくて一番業務に実害がないw,「iPhone6s」は入手しました。
感想はといえば・・感動指数10を最大としたら0.5です・・
スマホサイトを制作するので、シュミレーション用の端末になっています。

個人的に「iPad Pro」を見送っている理由はいくつかありますので、少し並べてみます。
・大きさ以外に端末を手に入れた時に得られる未来が無い
・大きくなってUI(ボタンや操作性)に変化があると思ったが、所詮は画面が拡大しただけだった。
・キーボードなどのアクセサリー関連を考えると買うに値しない。
・アプリとの連携で便利になるのは分かるが、アップルの努力ではなくアドビの努力の結果のように感じる。
・Proの名称に非常に疑問を感じる・・

と、ディスりまくりになって申し訳ないですが、アップル製品は15年以上のお世話になっているので好きです。

懸念材料は挙げればキリがなくなってしまいますが、気持ち的には「iPad Pro」にキーボードやペンシルを付けるなら「MacBook Pro」を買う。
その方がOS自体もOSXを使えますし、写真撮影で考えれば出張先での現場ワークもスムーズなのは明らかです。

「iPad Pro」で4K動画の編集ができることは嬉しいですが「iMovie」では話にならない。
どんなに「お絵描き」が優れていても、それだけで購入には至らない。(しかも林檎ペンがオプションて・・)
より綺麗な画面・・もうそこにこだわっていくの辞めませんか?(笑)

当初、購入予定だった目的は「写真の現場で使える」という理由でしたが、「iPad Pro」にしかできない事というのが無い。
しかし、OSは違えど「Surface pro4」の場合、現場ワークを便利にすることはできる。間もなく登場する「Surface book」なら、更に広がるでしょう。
横柄な言い方をすれば「Pro仕様」ということであれば必要に迫られているクリエイターなら多少の費用は覚悟します。

ですが、費用も中途半端で広がる未来もボケているのでは、飛びつくのは所詮は「Pro」では無い人になってしまう。
4Kディスプレイが出始めた時期に「iMac5K」を投入してきた時は、「未来が見えている!」さすがアップル!と感じましたが、タブレット市場はまだまだ「売り上げが見込める製品を出す傾向」が強く、残念な印象です。

先日アップルストアで触ってきましたが、「iPhone6s」を触っているので感動レベルは0.3でした・・
もう1歩・・次の新製品で「タブレットの革命を起こします」という言い回しが出てくることを楽しみに待っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション