商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. HDR撮影の表現効果のサンプル

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
HDRモードの撮影と表現効果

HDR撮影ってどんな写真になる?

最近のスマホカメラにも搭載されている「HDR」という撮影機能、文字だけは見たことがある人も多いと思います。
デジカメを持っている人なら機能は分かっていても「どんなシーンで使うの?」とか「撮影してみたけど効果が分からない・・」と条件によって変化する撮影方法とも言えます。
そもそもHDR撮影とは「写真の明暗部を調整する機能で撮る」ということで、シチュエーションとしては「白飛び」や「黒潰れ」が起こる撮影環境(ピーカンの太陽下と日陰で明暗差が強い場合や夜のライトアップされた紅葉を撮るなど)で活躍します。
HDRモードでシャッターを切ると、「明るめ・適正・暗め」の画像を合成した写真が出来上がることで、極端に明るい・暗い部分が出ないように調整してくれます。
似たような機能として「夜景モード」がありますが、これは主に「暗部が強い場合(夜景)」に強く、HDRモードはオールマイティと言ったところです。

撮影してみて「人物と風景のどちらも適度な明るさで撮りたい場合」は、HDRモードを使ってみると良いでしょう。
補足としてHDRモードでも「明暗差が無い条件」ではあまり効果を確認しにくいのも事実です。

HDR効果を使った現像と表現方法

フォトレタッチの分野では、HDR効果のような手法は昔から使っていました。
簡単な方法としては、撮影時に「適正露出」+「1段明るい・暗い」写真をそれぞれ撮影しておき、PC上で合成して1枚の写真にします。
では実際にフォトショップを使って合成したサンプルを見ていきましょう。
まずは、元画像となる写真がこちらです。

効果適用前
このままでも綺麗ですが、良くも悪くも明るさが適正で「平坦な印象」となります。
この画像に1段暗くした画像(彩度も少し調整)を合成してみます。
合成後の結果がこちらです。

HDR効果適用後
緑が栄えて、明暗共に締まった印象になります。
単純にコントラストで調整しても良いのでは?という感じもしますが、「色潰れ」という事を考えるとHDR合成を使った方がある程度ディテールを保つことができますのでオススメです。

じっくりHDR合成をかける場合は、木1本1本の明るさや地面の陰部分など細かく調整していきます。
よく海外の風景写真で「あっと驚く奥行き感とインパクト」がある写真はHDR撮影されたものを処理している場合が多いですね。

スマホの場合もHDRモードとアプリ使うことで手軽に印象的な写真を作ることが出来るので、このHDRモードを試してみると楽しいかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション