商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影時のカメラ設定を公開します

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影時のカメラ側のピクチャースタイル設定
商品撮影時のカメラ設定を教えて欲しいとのリクエストを頂いたので、公開しちゃいます。
意外とカメラ側のセッティングを公表しちゃうスタジオも珍しいかもしれませんが、デジタル一眼レフカメラで自社撮影している方は参考にして頂ければ幸いです。

まず、「撮った写真の現像や整理をどのソフトで行うか?」を確認して下さい。
私の場合は現在メインで使用しているのはAdobeのLightroomです。
このソフトでデータを取り込む場合のカメラ側のピクチャースタイル設定は、すべて「ノーマルに近づけておきます」、ニコン機の場合は「ニュートラルまたはフラット」、キャノンの場合は「ニュートラル」、パナソニックは「ノーマル」です。

せっかく各メーカーが「いい感じの色合い」になるように幾つかの「ピクチャーコントロール(スタイル)」が用意されていますが、Lightroomに取り込んだ時はカメラ側の設定までは読み込まれないので意味が無いのです。
厳密に言えば、Adobeソフト側で各メーカー毎のピクチャースタイルに合わせた色合いも再現できますが、商品撮影の場合「色の再現性」を優先させたいので、自分で都度コントロール(設定)するか、予めプロファイルを作って適用させています。
そのままLightroom初期値でプロファイルを適用させると「色あいは変化」してしまいます。

ではメーカー純正のソフトを使った方が良いのでは?と考えてしまいますが、Lightroomを使う理由はやはり大量の写真の整理とPhotoshopとの連携力です。
例えばニコン純正のViewNXであればカメラ側のピクチャースタイルも反映されますが、「写真の整理」となると弱さが出てきます。
対してLightroomであれば現在20万枚程度のRAWファイルを常に読み込み状態ですが、ストレスなく管理・整理・現像・書き出しまで行えます(PCスペックにも依ります)
いずれにせよ純正ソフトでも任意に「色あい」は設定するので、大量の写真を扱う場合は「落ちにくいソフト」の方が重宝します。

カメラ側の設定を触るケースは、単純にポートレート撮影を行う時・・「単純に」という表現が少々おかしいですが、簡単に言えば「色再現よりも写真の印象を重視する撮影」の時です。
例えばモデル事務所の宣材撮影を依頼された時は「服の色を最優先させる必要」はありませんのでカメラ側のピクチャースタイルを変えて印象を変えたりする「場合」があります。

「場合がある」というのは、クライアントによっては、撮ったその場ですぐに写真を渡す事、いわゆる「撮って出し」もあるので、扱い易いように「JPEG」+「ピクチャースタイル:ポートレート」くらいで設定して、納品します。(印刷用途の場合はその場でRAW現像→JPEG書き出しで仕上げを行います)

その他の「輪郭強調」や「コントラスト」についての調整も同じようにLightroomに取り込む場合は設定しても仕方が無いと感じています。
まとめますと、私のような流れの場合は「カメラ側の設定は“素”の状態」で撮っておき、デジタル現像に回すという感じですね。

デジタル現像の段階で8割完成させておき、最終的にクライアントに合わせた色あいに仕上げていく方法だと何かと便利です。
元の撮影写真自体が「ノーマル」なのでコントラストや彩度などで変化を楽しめますよ。
もう少し細かな設定については機会をみて書き留めたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション