商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. デジタルだと撮影写真でこんなこともできます・・

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
デジタル写真の世界
私とアドビ製品との付き合いはもう20年近くになります。
写真業はデザイン業務の延長としてスタートしているので、デスクワーク半分、現場業務半分といった所です。
昔からデジタルワークの講習などをやっていて「ウケが良い」のはデジタル写真の加工術です。

10数年前まではアドビ製品を使っても時間を要した作業が現在では簡単にできます。
まどろっこしい前説はここまでにして(笑)、1枚画像を見ていただきましょう。
加工サンプル
何の変哲もない1枚のモデル画像ですが、10秒ほどの処理をしております。
では、加工前はどんな状態だったのか?ご覧ください。

元画像
はい(笑)、こちらが元画像です。
一般的にフォトショップに興味を持って頂くために披露する王道テクニックの1つですね。
参考画像は少々強引に痩身術をしてしまった感がありますが・・w

商品撮影された写真を加工するというと、文字入れやトリミングなど基本的なことさえあれば事足りますが、少しソフトの扱いを覚えると表現の幅は広がります。
といっても、痩身術をやりましょうと言っている訳ではありません(笑)

加工やデザインを楽しむということは「こうしたい!」という欲求があるということです。
「そこになければ作ってしまえ!」というのは強引な思考ですが、デジタルデータであればグラフィック性能を活かして思い描くイメージを具現化できます。

逆に私が写真の世界に興味を惹かれたのは「1発勝負」という印象が強く、本業としてやっているデジタルな世界とは違う感じがしたからです。
現在のモデルコードでは加工処理はせず、機材や照明などのアナログ的な要素を重要視しています。

デジタル写真は技術さえあればどんな世界観も作り出せますが、TPOをわきまえて使うことが撮影スタジオの健全性だとも感じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション