商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 同業者から見て良いと感じる商品撮影サービス

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
同業者から見て良い商品撮影サービス
このブログでは、カテゴリー内で商品撮影サービス業者の選び方について、やや批判的な表現もございますが、今回は視点を変えまして「同業者でも良いと感じる商品撮影サービス」について少し触れていきます。
個人的にこのブログを書き綴っているのは、「良い業者を選ぶ為のヒント」や「自社での商品撮影方法と考え方」を念頭に雑記も混ぜながら更新しています。

さて、本題ですが「同業者から見て良い商品撮影サービス」とは何でしょうか?
きっと利用する側の立場であれば「価格」を筆頭に検討していくと思いますが、撮影を行っている側からすれば「工程と仕上がり」に着目します。
工程については先述しておりますが、「撮影までの準備そして実作業から納品まで」です。
商品が届いて即座に撮影に入るというのは、少々危険だと撮影者なら誰でも感じるはずで、スピード納品と書かれていなければ「準備に当てる時間を惜しまない」と判断できますが、これもケースバイケースで、「スタッフ人数が多い場合」はスピード撮影も可能ですが、人材を多く登用すればトータル的な人件費は撮影費用に比例してくることは明白です。
例えば4時間で5~6万円程度の撮影費用であれば、相場的にスピード納品と価格のバランス的には納得できますが、相場より著しく安価な場合は「何か工程を省略するな?」と同業者はピンとくるはずです。

また仕上がりについては、写真の出来栄えと使用モデルとのバランスです。
写真は綺麗だがモデルが素人だったり、その逆も然りです。
しかし、このバランスを少しレベルの高いところで平均化すればコストも当然上がります。

ではレベルの高いモデルとは何か?
例えば「実績のあるファッションモデル事務所のモデルを選べます」と謳ってあっても同業者から見れば「どこの事務所のモデルなのか?」によって、大体のモデル品質は把握しているはずですので、「この事務所のモデルでこの価格は安い!」というのもたまにありますが、ほとんどは事務所モデルとあっても「イベントコンパニオン主体」だったりしています。
モデル事務所さんを相手に宣材写真を撮っている実体験からして、事務所によってスキルの差が大きいのは事実です。
一般の人から見て「どの服も同じポーズばかり」と違和感を感じる場合は、現場でスタッフ主導でポーズが決められ、モデルがマネキン状態になっている証拠です。
レベルの高いモデルは仕上がりに違和感を感じることなく「着こなしと商品ポイント」を表現できる人材です。

写真は主観に依るところが大きい媒体ではありますが、一連のセオリーというものは存在します。
良い商品撮影サービスは「写真をウリにしているかどうか?」です。
写真にこだわるのであれば、時間(労力)をかけたいと思うでしょうし、納品するためのモデル選びも慎重になるはずです。
それらを総合して撮影費用を決めている業者は、私も使いたいと思います。(少しでもお安くw)

アパレルショップを運営されている方が「他ショップの商品の仕入れ値と販売価格の相場」が大体分かるように、我々もおおよその撮影カット数や内容によって「良し悪し」の判断はできます。
であれば、例えば弊社を利用したお客様が他社に相談されたとして「この価格は高いよ!」と同業者が感じないだけのサービスを展開すれば良いだけです。
同業者に見せられたら困る写真サービスであれば、それはすでにサービスとしての価値が無いということかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション