商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. テレコン・ワイコンバーターは、あとチョットを叶えるレンズ装着アイテム

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
テレコン・ワイドコンバーターを使った撮影
商品撮影などをやっていて、カメラを固定ポジションに置いて「いざ撮影!」という時に、「あと少しズームできたら・・」、「もう少しワイド(広角)に撮りたい・・」など現在持っているレンズの限界を嘆いたことはありませんでしょうか?
レンズにはそれぞれ焦点距離(○○mmで表記)があり、数字の高い方は望遠の値、低い方は広角(ワイド)側の数値を示します。

当然、望遠・広角のいずれかの数値の振り幅が大きいレンズになれば価格も高くなりますが、「限定的にしか撮らない」またはレンズ一体型のカメラの場合は、そもそもレンズ交換はできません。
そんな「あとチョット」のレンズ願望を叶えてくれるのが、装着するだけで簡単に「少し望遠」・「少し広角」にしてくれるテレコンバーターとワイドコンバーターがあります。
これを装着することで焦点距離を変えられるので、テレコンバーターはレンズ倍率を高め、望遠効果を得られ、またワイドコンバーターはレンズの画角(同じ位位置で撮った場合の撮影範囲)を広げ、さらに広角に写すことができます。

テレコン・ワイコンの装着パターンには「フロントタイプ(レンズ前面)」と「リヤタイプ(レンズ背面)」があり、リアタイプはメーカー純正品だと新しいレンズを買えてしまう可能性もあるので、手軽に簡単に楽しむなら「フロントタイプ」をオススメしますw。

では実際にどのような感じになるのか?サンプル画像を見ていきましょう。

テレコン・ワイコンレンズ装着時のサンプル
テレコンバーターは望遠効果、ワイドコンバーターは広角になる効果です。
ここで疑問なのは、「撮影者が近づけば済むのでは?」と感じる人もいると思いますが、このアイテムは被写体に対して近づけない場合や後ろに下がることが出来ない場合を想定しています。
またレンズには特性があって、撮影者が近づいたり、遠ざかることによって、メインとなる被写体以外の背景の写り込み範囲も変わってきますのでご注意を。

例えば、商品撮影で三脚でカメラを固定して、撮影する時に「もう少し背景を足したい」という時は、ワイコンバーターをレンズに装着すれば撮影範囲はワイドになります。
最近では、スマホのカメラにワイコンを装着して「広角にする」という人もたまに見かけます。
友達3人位で集まって撮影者が手を伸ばしても3人が撮影範囲に収まらない時は、ワイコン装着は役立ちます。
また逆に自撮りをする時にカメラを顔に近づけ過ぎると「魚眼っぽい写真」になるのを避けるためにテレコンを使って膨張を防ぐなど色々楽しめます。

お持ちのレンズやカメラの焦点距離に少し不満を感じているようでしたら、テレコン・ワイコンで対応できないか?をまず検討して、どうしても無理なら新レンズの購入を考えるようにすれば無駄なレンズ出費を避けることができるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション