商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 料理写真の撮影はフレーミングにこだわる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
料理写真のフレーミング
最近では飲食店などでパシャパシャと運ばれてきた料理などをスマホで撮影している光景も見かけるようになりました。
マナーの点からという論議はさておき、手軽に写真に撮ってネットに投稿する・・でもマズそうに見える写真をアップされるのはお店にとってどうだろう??
と、考えてしまいます(笑)

先日、お客さんとの打ち合わせ中に、「ご飯でも行こう!」という話になりお店を決めるのに「食べ○グ」を見ながらワイワイしていまして、お店を物色中に、投稿された写真とコメントを見て「なんか微妙だからココは無い」という発言が飛び出しました。。
決して店構えも料理もマズそうではなく、単純に「投稿写真がマズそう」だったのです(笑)

こうなると真相を確かめなければという衝動に駆られて、「投稿写真がマズそう」に見えたお店に行ってみると、「美味しかった」のです。
こうなると、気軽に投稿写真をアップできるのはいいですが、評価をされたお店にとっては死活問題ですね。
むしろ投稿写真が無ければ、ネットからの流入客はもっと増える店かもしれません。

で、前置きが長くなりましたが、「料理写真」をおいしく見せるフレーミング(撮影範囲)の工夫について記載していきます。
某サイトのような口コミ投稿を見ていると、「マズそうに見える写真」にはこんな共通点があります。

1:料理が極端にアップになっている
2:撮影者の影で料理が暗くなっている
3:露出の上げすぎ、または下げ過ぎで素材が新鮮に見えない
4:料理を下から煽って撮影している
5:斜め写真でよりマズそうに写っている


ズケズケ書きましたが、こんなところでしょう。
1番目以外はカメラアプリなどの設定で何とかして頂くとして、気を付けたいのは「フレーミング」です。
見せたいものがあるので強調したい気持ちは分かりますが、投稿写真はあくまでも第三者が見るものです。
何でもかんでも撮ってアップするのではなく、「記録」か「公開」かの判断をしっかりして頂きたい。(お店が可哀想w)

では、同じ料理のサンプルをフレーミングを変えた4つのパターンで見てみましょう。
フレーミングの参考事例
Aは料理を中心に置き全体像を印象づけます、Bはメインとなる料理にフォーカスを当てて、背景を排除しています。
C,DはA同様に料理全体を写していますが、左右いずれかに視線を向けるように撮影しています。
これらはどれも「フレーミング」で処理できてしまう撮影例です。

また、撮影するアングルなどは、「食べる人の目線からの高さと角度」がベターです。
極端な角度で撮影されても、商品撮影でポイントを見せるパターンではないので、「食べて美味しそうな角度」を基準にしていくと「落ち着いた印象」になります。

料理の写真は、「お店で肉眼で見る場合」と「スマホなどの写真で撮る場合」とでは全く見え方が違います。
「おいしそう!!」とテンションが上って撮るのは単なる記録用としてネット公開は控え、美味しい料理だと感じた場合は、提供してくれたお店に対して素人写真は公開せず、活字で論じて頂けることを願うばかりです。
写真はそれだけ人の印象を左右してしまう怖い存在ですよw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション