商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ソニーのデジタルカメラの「RX1R II」発表の感想

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ソニーのデジタルカメラの「RX1R II」発表



ソニー好きの方ならもうチェックはしていると思いますが、アメリカで行われた展示会「CEDIA EXPO 2015」にてデジタルカメラの新機種「RX1R II」が発表されました。
以前、個人的にパナソニックのLX100を購入した記事を書きましたが、また欲しくなってしまう可愛い形のカメラが登場しました。

デジカメ写真はセンサーサイズの大きさで仕上がりが変わる!と何度も書いていますが、「RX1R II」は35mmフルサイズセンサーを搭載したレンズ一体型のコンデジ・・と言っては失礼な程の性能を持っています。
写真撮影をするコンデジという点で見れば、スペック的には現在最強の機種です。
可変式ローパスフィルターの採用やチルト式液晶画面、レンズの組み込み方・・うん、欲しいと唸ってしまいます。
LX100もすごく気に入っていますが、使っていてレンズの部分・・少し不満

lx100との比較
こんな感じで、電源ONで「にゅーん」します。
「RX1R II」は、にゅーん無いです(笑)

なぜ最近、コンパクトデジカメ(ハイエンドモデル)を好きになったかと言えば、やはりLX100の影響が大きいです。
気軽に撮れて「楽しい写真がどんどん貯まる」、LX100を使うまでは「RAW撮影が最強」とか思っていましたが、JPEGのみ設定で「撮ってすぐ鑑賞」という流れが心地良いのです。
「RX1R II」についてはLX100と同様にレンズ交換はできません。
しかし、出かけ先でスナップ撮影をする時に「レンズ交換ができれば・・」なんてことを感じたことはありません。
そもそもレンズ交換ということを念頭に買っていないので、「決まった条件で何が撮れるか」を考えるのも楽しいです。

ただ、超注目ポイントは価格です。
現在日本での発売は未定ですが、現地の情報では3300ドル(日本円で約40万円)!!!!コンデジですか?コレ??気軽に買えませんよ(笑)
「褒めて落とす」ではないですが、この価格で4K動画も撮れないようですし、コンデジ界で違った意味で最強になってしまいますよ!
この価格をコンデジに投資するなら「α7S IIのデジタル一眼」を買うと思いますが・・変ですか?

なぜパナソニックのLX100を買ったのかご理解いただけましたでしょうか?w
一眼レフを持っている人にとってコンデジはあくまでもサブ機というか趣味用カメラとして所有する人が多いので、手軽な価格とフットワークの良さ、そして最後に納得できるスペックなのかをと優先順位がデジタル一眼を買う時と少々異なるはず。

LX100は、チルト式でもありませんし、「にゅーん」とレンズが飛び出しますが(笑)、「価格とスペック」の面で十分に所有欲を満たしてくれます。
コンデジでオススメは?、と聞かれれば迷わず「LX100」です。
今は価格も手頃になっていますので、「RX1R II」を買うならLX100が4個も買えます・・ってどういうこと??(笑)

SONYとパナソニック、ここ数年デジタルカメラの中では面白い機種を発表し続けていますが、パナソニックの方が「一般消費者向けに着実に進化している感」はするが、ソニーの場合はどうでしょう・・日本ではなく、ブランド力を活かした海外の富裕層に着目してるのでしょうか?

ともあれコンデジで「写真撮影」という点で考えればスペック上は(クドい)最強です。
写真と動画を気軽に高画質に楽しむ総合力で選ぶか、「写真に特化した」超ハイコストコンデジを選ぶかは買う人の好みですね。
私の場合は、「欲しい!!」と思って、値段を見て「なんじゃそりゃ!」と笑ってしまった人間です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション