商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. あの目立ってる商品撮影サービスにはご用心

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影サービスへの想い
今回、厳しい内容となりますのでスルーして頂いても結構です。

最近、某商品撮影サービスからの乗り換えが立て続けに入っています。
弊社としては、うちにオーダーが頂ける分、嬉しい事件ですが、お客さまにとってはやはり1度でも悲しい思いはしたくないはずですので、少し書き留めておきますのでご参考になれば幸いです。

まず言っておくべきことは、何かと問題がある某商品撮影サービスのサイトですが、弊社のサイトの文言を完全にコピーされた経験があります。
当時は目を疑いましたが、このブログを読んで頂いている方ならお分かりですが、「私の文章の書き方(クセ)」も見事にコピーされ、1文字も変更なく使われました(笑)
そして、これが私が考え最初に世の中に出した文章です。

モデル撮影を依頼されるアパレル系、ネットショップにとって撮影料金はとても大事ですね。
ネットショップ、特に女性アパレルにおいて、購入者の大半は同性ユーザーとなります。
では女性の利用客が違和感なくネットショップで、買い物をしたくなる”共感するモデル商品撮影”とは何か?
それは強烈なキャラクターでもプロフェッショナルな写真の技術力を魅せることでも無いということです。
弊社選定の理由は「安価できめ細かいサービス」それが最高の褒め言葉で共感して頂くことだと考えております。
ネットショップに必要なモデル着用による商品イメージとはターゲットを把握した写真を提供することです。
弊社が考えるアパレルショップにとって使いやすいサービスとは、価格のみに注視したスタジオ主導のものではなく「お客様の意向をモデル商品写真を通じて実現すること」だと考えます。


きっとこのブログを読んでコピーし構成した本人は「やばい!」と思うでしょう(笑)
グーグルに削除申請はしましたが、サービスが類似しているため検証中とのことで、具体的な解決には至りませんでした。
その後、同じような業者だという印象を与えかねないため弊社側のページを修正する変な予防措置をとりました。

残念ながらその後も「モデルによる無料サンプル撮影」など類似サービスも展開するようになり、今では「モデルコードも真似されるだけ有名になった」と思うようにしています(笑)
ただ、決定的な違いは、「無料の意味」です。
弊社の場合は、無料や特別割引になるには条件があります。
1つは「本番撮影を10着以上行うことで無料サンプル対応する」という点で、「サンプルで納得頂く自信があります」
逆に某サービスの場合は「とにかく無料」、賢い担当者ならこの違いの意味に気づけば怪しいと思うはず。
もう1つは、「新人モデルに限っての特別割引」これも弊社の条件です。
はたまた某サービスの場合は、「とにかくどのモデルでも割引至上主義」、つまり値引くしかないモデルだということ。

いささか愚痴っぽくなり恐縮ですが、この微妙なニュアンスの違いを混同してしまうケースが多いようで、「安いから某業者でOK」と思って依頼すると悲しい思いをすることになりかねません。

写真の仕上がり等に関してまでは、好みにもよるので言及は避けますが、問題なのは「企業のプライド」なのだと思います。
1つのサービスを公開するまでに弊社は相当時間を掛けます。
しかし、吟味して作り上げたサービス内容を完全コピーされる・・・とても悲しいと同時に「同じ業者としてのプライド」を疑います。
クリエイティブな事業を行う企業がそのような方法で顧客を集める。
ネット上では何がオリジナルなのかの判断はお客様はできません。

ただ1つ言えることは、そうした企業には「良いカメラマン、良いモデルは集まることはない」という事実です。
ネット上には優良な商品撮影サービスを行っている業者さんも多く存在しますが、ネットの闇と言うと大袈裟ですが、そうした粗悪なサービスを展開するサイトが検索上位になっている状況も問題です。

この記事を読んで下さっている写真撮影スタジオ様、我々は写真で競い合いましょう!
良い写真を撮っていき、ネット上が賑わえばきっとカメラマンにもお客様にも良い方向になると考えております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション