商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ホワイトバランスをセットするアイテムを撮影で使う方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ホワイトバランスを正確に決める
商品撮影では「正確な色の再現性」を得るためにホワイトバランスを決めることは、もうお分かりかと思います。
最近のデジタル一眼レフカメラはAWB(オートホワイトバランス)の機能も向上してきましたが、やはり連続で撮影を行うにはオートだとコロコロ設定(色温度)が変わってしまうためマニュアル設定をお勧めしたい。

で、どういう風にホワイトバランスをセットするのかというと、18%グレーカードなどを使ってマニュアルで設定します。
以前は「銀一のグレーカード」をご紹介しましたが、もう少し突っ込んだアイテムを実際に使った感想を書いておきますので、ご参考にどうぞ。
とはいえ、ホワイトバランスを取る用途ですので、さほど高価ではなく1万円以内で買えてしまうので1つ持っていると便利です。
では、今回使ってみたアイテムをご紹介します。

ホワイトバランスの設定アイテム
どれも似たような画像の並びでスイマセン(笑)
正直、この手のアイテムはこの他にも持っています。
そうです、カメラ好きは無駄にたくさん持っています・・なぜか買ってしまうw

冗談はさておき、上記の3つの使い道については、個人的にそれぞれ役割を持たせています。
Aのグレーバランスカード、見たままですが商品撮影時にはこれでセットすることが多いです。
Bのカラーチェッカーにもグレー面はありますが、カメラの機種にもよるのか?ニコンではAの方がしっくりきます。
作業的にはAでホワイトを決めて、Bのカラーチャートで追い込む・・みたいな感じがベターです。

そして、Cのホワイトバランスフィルター、これは特殊な時だけ活用しています。
シチュエーションとしては、屋外で被写体の近くでホワイトバランスが取れない場合です。
例えば、遠い建物がターゲットの撮影だったり主に風景写真ですね。
変わった所だと展示品など立ち入り禁止区域が設けてある場合にも有効です。
カメラのレンズにはめて、被写体に向けてシャッターを切るだけでプリセット出来ます。(少し調整は必要ですが・・)
ま、これもカラーチャートを保険で撮っておくと後で助かります。

単にホワイトバランスをセットするだけですが、状況に合わせて使い方を変えてみたりしています。
オススメは?と聞かれたら「3種類は持ってたほうが良い」となりますが、物撮り程度の撮影であれば、「銀一のグレーカード」で安く済ませてもOKです。
撮影後に「もっと色の再現性」を高めたいのであればBのカラーチェッカーを併用して使うと良いでしょう。

と、ここまではカメラ側でホワイトバランスを決める話です。
この後、パソコンにRAWデータを取り込んで「色調整」をするのであれば、色の再現性に優れたモニターを用意するべきですよ。
カメラ側はOKでもモニター上に表示したら「あれれ?状態」では、こうしたアイテムも役に立たないので注意して下さいネ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション